【健康・美意識】50代男性であっても着こなし・オシャレ・コーデを通じて人生を楽しんでまーす

0 寄り道

オフィシャルな場で

相手(特に異性)の
身なり・服装について

軽々(けいけい)に
口にするのは

御法度ですネ(+o+)



相手の受けとめ方
次第で

問題化
しかねませんから



お互いに
気を付けましょう(^^)


1 振り返り

50代に入って

実は

ヒトと同じコトをするのが

大嫌いな性分なんだ
(つむじとヘソが少し曲がってる)

と確信!


例えば

職場での
男性諸氏の服装につき



今は

クールビズ

スーパークールビズ等

も手伝ってか

かなり
緩くなってます



しかし


一昔前は

無地の白色ワイシャツが

幅を利かせるなど

皆が
判で押したように

あえて

個性を殺してる
ように

感じてました



それを尻目に

自分はといえば

例えば

若輩のとき(結婚して以降)
から

カフスボタンを愛用

当時はもちろんのコト

今(令和3年1月現在)でも

自身の職場で

カフスボタンを付けてる
男性は

見当たりません


傍(はた)からは

若造が「これ見よがし」
に見せつけてる

と受け取られた

かもですが

特に気にしない

ようにしてました


個人的には

身に付けるコトで

違和感もなかったし・・・


むしろ

自分よりも
はるかに目上の方が

付けてないのを
見るにつけ

申し訳ないですが

どうしても

貧相に見えてしまい
(明らかにこちらの偏見です(。・・。))

その都度

残念な気持ちになってた

のを覚えてます



8年くらい前
からは

白色ワイシャツを
脱却した上

ボタンダウンを常用する
ようになりました



当時職場で

ボタンダウンを
着てる男性は

明らかに少数派
だったと思います



4年くらい前からは

ボタンダウン1択です



同じく

その頃から

ズボンのベルトを

サスペンダー
に替えました



今であれば

テレビでもそうですし

巷でも

たまーに

サスペンダーを使ってるヒトを

見かけますが

当時は

テレビドラマの「相棒」で

主人公の右京が

身に着けてる

程度でした



着こなしを通じて

セルフブランディング

を意識するようになったのは

この辺りからですネ(^^)


サスペンダーを
常用するようになって

3か月くらいすると


今度は

サスペンダーの柄
に合わせた

アームバンド(吊り上げ型)

を付けるように

なりました



柄を合わせたのは

自分なりの
こだわりです


冬季シーズンは

チョッキ(ベスト)・カーディガン
を着るので

愛用3アイテムの露出は

ほぼ
なくなりますが

冬季以外のシーズンは


そのアイテム

つまり

   カフスボタン

   サスペンダー

   アームバンド

フル装備での
着こなしとなります



もちろん

柄の色合い等は

職場の風紀・雰囲気を
乱さないよう

それなりに

気を配ってる

つもりです




これまでに


3アイテムどれをとっても

職場で身に付けてる
ヒトは

ほぼ皆無
(サスペンダーをしてたヒトが過去二人程度)
でした

ちなみに

ネクタイピンの
つけ方にも

こだわりがあります

ピンが傍から見える
ようにつけるのが

オーソドックス


でーも!

自分の場合

あえて

ピンをネクタイの表に

出さないように

つけてます

理由は

ヒトと同じように
するのが

たまらなく
嫌なのです(p_-)

念のため
断っておきますが

例えば

ハイブランド
身を固めるような

品性を疑われかねない
身なりを

勧めてる

ワケではありません


飽くまで

本人に見合った

オンリーワン

を楽しみましょう

という意味合いです( ^)o(^ )


2 現状

職場の方々が

自分の装いに対して

どういった感想等を
持ってるのか

全く
分かりません




周囲のヒトが

服装について

話題にするのは

少なくとも

自分の面前では

皆無だし

自分から

確認するようなコトも

もちろんしません
(わざわざヤブをつついて蛇が出ても困るので)



傍から見て

自分がイケてるのかどうかなど

あまり
関心がなく

気にも留めてません


人畜無害の範ちゅうに
収まってれば

気にする必要が

ないのです


あっ

髪型に触れるコトを

忘れるところでした


3か月くらい前から

 髪型

も変えてます



それまでは

「七三分け」に近かった
(横と後ろの髪は刈り上げ)

のですが


それ以降

さっと
クシを入れる程度

のほぼ寝起き状態
(具体的に説明するのは困難)

のままで

職場に出てます



職場のトイレに入り

鏡に映る
自身の髪の毛をみると

   のびのび

   いきいき

してるように感じます



改めて

まじまじと
鏡をのぞき込むと

生来の

クセ毛も
加わってか

1本1本が

   好き勝手に

   喜々と

自己主張してます

  • そういえば

    最近

    年甲斐もなく

    よく

    見るように

    なりました

  • 膝(ひざ)を

    かがみながら・・・😌


3 楽しむコツ

マンネリ化しがちな
日常生活を

どうせ過ごすなら

豊かに

楽しみたい

と考えてます



さらに

豊かに楽しむには

自分から工夫をし

行動を起こす

必要があります


他(外部)に期待し

求めてみても

詮(せん)無きコト



工夫・行動といっても

大掛かりなモノである
必要は

ないのです

ちょっとした変化を

作ってあげて


アタマがそれを

意識できるようにする


着こなしであれば

服装等の組み合わせや

選択の幅を

ある程度広げた上で

時・場所・事柄(TPO)

に応じて

自ら選んで決定できる
仕組みを

作ってあげる

コレだけです


その過程を通じて

アタマが
刺激・活性化され

ココロも
前向きになれるのです


もっとも

コレには

重要な
前提があります


なにかーと
いうと

アタマを活性化させる
ポイントは

仕組まれた
選択肢の内容が

ココロの滋養となる

美的感覚・感性

をベースにしてるコト

コレです(●^o^●)


4 補足

元々

自分は

日常の行動について

その都度

アレコレと考えたくない
(時間を無駄にしたくない)
性分のため


結果的に

ルーティン化

してしまう

タイプです


でもでも

このスタンス一辺倒だと

次第に
ココロが疲弊して

遅かれ早かれ

詰(つ)む

コトになるでしょう


ですから

美的感覚・感性に関連する
場面では

その都度

   構え(外観)のスタイル

のみならず

   構え(内観)のスタンス

にも気を配る過程
において

選択の自由

を確保するよう

仕組むのが



長い目でみれば

得策・妙策!



いずれにしても

選択の自由・決定は

知的高等動物である
人間に

与えられた


特権


であり

自分らしさの
(あかし)


人生の醍醐味


ですから


コレを
生かさない手は

マジで
ないですネ(^O^)



※ホーム画面にもどる!

※投稿記事一覧にすすむ!

※当記事の音声配信はコチラから

投稿者: toshi0227(トシ・オウ・トウ・トウ・セブン)

東京都世田谷区にマイホーム、妻子持ち、シニア層男性。法律職公務員。0型・サソリ座・トラ年。モットー「いまが一番!ここが一番!」。スローガン「時空を超えろ!」。趣味はテニス・ゴルフ・油絵等。定年退職が近づきつつあるため、社会との接点を確保して認知機能の低下を防ぎ、健康長寿を目指すべく、遅きに失した感はあるものの、思い切って「ユル・ヤワ」に「T.H.BLOG」を始めてみました。大海原を航海中ですが、よろしくお願いします。 ブログの公開表示名「toshi0227」は「トシ・オウ・トウ・トウ・セブン」と読みまーす(^^) スタエフ(音声配信)・インスタもやってます(^<^)

【健康・美意識】50代男性であっても着こなし・オシャレ・コーデを通じて人生を楽しんでまーす」に6件のコメントがあります

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。