【体験・回顧】室内窓から富士山を眺望できる職場にいたとき,決まって思い起こす元上司の言葉があったのです。

#寄り道#
オリンピック前の
タイムリーな時期に

男子マラソン
日本記録が出ました😄

長距離の
マラソンでは
伴走者がいると
心強い

弊ブログも
そんな存在になれたら
と願ってます(*^_^*)

1 室内窓からの眺望

転勤族の自分が
横浜の地で
働いていた
ときのこと

普段よく使う
職場内のエレベーター
がある廊下の
室内窓から

四季折々の
富士山を
眺めることが
できました

ラッキーですね(^^)

比較的
午前中の方が
よく見えます

午後になると
どうしても
水蒸気が
立ち上って

眺望(ちょうぼう)を
遮(さえぎ)るのです

2 霊峰富士の由縁

目に映る
富士山の姿は

シーズンにより
時間帯により

また
笠雲(かさぐも)の
かかり具合によって

違ってきます

悩みや不安と
絶縁できない
人々を

いつでも
在りのままに
受け入れて
くれます

懐(ふところ)が深く

何といっても

神々(こうごう)しい
のです

古来から
多くの人を
魅了してやまない

霊峰(れいほう)富士

世界文化遺産に
ふさわしい
存在ですね( ^)o(^ )

3 元上司の言葉

さて
話を戻します

程よい
緊張感

適度の
ストレス

抱えながらも

日常の合間に

リフレッシュの
ひととき
として

富士山の威容(いよう)に

いつも

心を打たれてました

気持ちを
鼓舞(こぶ)
することも

少なくなかった
と思います

その際

決まって
思い起こす
言葉が
ありました

転勤先だった
京都時代に

そこでの
上長(じょうちょう)が
語った

「〇〇君,泰然としていろ!」

という言葉です

実は

これまでの
転勤歴のうち
関西圏に
合計7年

具体的には

大阪の職場に4年
引き続き
京都の職場に3年
いました

ちなみに

当時は
このまま
関西に
骨を埋(うず)めてもいい

とまで
思ってました
(結局東日本に戻ってますがこの辺りのいきさつはまたの機会に😉)

さきほどの上長は
大阪時代1年目に
直属の上司

以降大阪では
大変
お世話になった方です

その背中を通し
学び得たものは
重かつ大
です

当時
京都の
ある支社(たとえ)に
所属する自分は

週1の割合で
京都の本社(たとえ)に
応援に出てました

その日の仕事が終わると

必ず
上長の部屋に
顔を出すように
してたのです
(その経緯は省略😅)

ある日

仕事が終わり

いつものように
上長の部屋へ
少し緊張気味に
(最後まで慣れなかったです😪)
立ち寄りました

雑談をし
(ただ内容は全く記憶に残ってません😰)

その後

これまた
話の前後は
覚えてないものの

先ほどの言葉だけは
(唐突に発せられたように記憶してるのですが・・・)

ずーっと

脳裏(のうり)

つまり
ココロ
に刺さってました

意味深(いみしん)のまま(+o+)

実を言うと
それは
表向きで

本音は

当時の「心理」を
覆い隠してる
藪(やぶ)を

下手に
つついたり
払ったりして

逆に
蛇が飛び出したり
しないか

例えば
あまりにも
自分が頼りなく見えたので
活を入れるための
激励の言葉とか

が怖かったので

あえて

アンタッチャブル

にしてきたのです(;^ω^)

ですが
このままでは

ココロの靄(もや)が
いつまでも晴れないので

無理やり
靄の中の藪に
分け入ってみます

それでは改めて

なぜ突然上長は
その言葉を発したのか

思うに

これから先
何があるか分からない中

時には
重圧(責任の重さ)に
押しつぶされそうになる
ことだってあるけれども

いつも
富士山のごとく
物事に少しも動じないでほしい

との親心からの言葉

と勝手に(超都合よく)
解釈してまーす(^O^)

4 余震

冒頭で触れた
横浜の地を離れ

久しく

富士山を見る
機会が
ありません

でも

意味深ながら

泰然としていろ!

との部分だけ

勝手に
独り歩きし

事あるごとに

気持ちを
鼓舞
してくれます


もちろん

「関西」への
感謝の思いは

いまだに

健在

です( ^)o(^ )

関連記事

【体験・回顧】どういう仕草に人としての品格・品位を感じますか。

※投稿記事一覧にもどる!

※当記事の音声配信はこちらからどうぞ!

投稿者: toshi0227(トシ・オフ・フナ)

東京都世田谷区在住,妻子持ち,50代後半(令和3年1月1日現在)男性。法律職公務員。0型・蠍座・寅年。モットー「いまが一番!ここが一番!」「独見・我流」。趣味はテニス・ゴルフ・油絵等。定年退職が近づきつつあるため,社会との接点を確保して認知機能の低下を防ぎ,健康長寿・生涯現役を目指すべく,遅きに失した感はあるものの,思い切って「ユル・ヤワ」に「toshi.blog」を始めてみました。大海原を出航したばかりですが,よろしくお願いします。 ちなみに,ブログの公開表示名「toshi0227(トシ・オフ・フナ)」を「年 of 鮒」と覚えておけば,toshi0227で指名検索する際に便利です(^^)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。