【生活・運動】日常生活にわざわざスポーツを取り入れるのは無駄と考えるあなた,その考え方は合理的過ぎます。

#寄り道#
先日
飲食店で
ランチ

すると
真昼間から
ビールを
飲んでいる
男性客ら

つまみが少ないと
文句タラタラ

それを耳にした
自分は
心の中で
つぶやきました

文句を言う
男性陣を
外に
つまみ出せ」
( ^)o(^ )

1 ダイエット効果や筋力・足腰の良好状態を保つため日常生活にスポーツを取り入れることの是非

日常生活に
スポーツ

つまり

ルールに則って

勝敗を競ったり

娯楽を求める

身体的運動

を取り入れる
理由について

ざっくりと
推考しても

例えば

ダイエットに向けた
脂肪(脂質)の燃焼
糖分(糖質)の消費
だったり

健康長寿を見据えた
筋力の維持向上
足腰の鍛錬
だったり

と容易に
思いつきます

でも
考えてみてください

ダイエットの根幹は
食事制限
(特に糖質を適量摂取にとどめる)
です

確かに
糖質を摂取することで

後記神経伝達物質により
一時的に
脳が活性化しますが

糖質中毒のリスクがあるし

糖質を摂り過ぎると
膵臓からのインスリンで
血糖値が下がらなくなり

糖尿病及び合併症
のリスクが生じます

一方
糖質を制限すれば
エネルギー源である
ブドウ糖が不足するため

代わりに
中性脂肪を燃焼し
肝臓のグリコーゲンを分解して
エネルギーに変えようと
するので

ダイエット効果
が得られます

次に

激しい運動についてですが

足腰への負荷を
必要以上にかけると

かえって
その機能の持続性を
縮める結果に
なるかもしれません

むしろ
筋肉(筋力)や
足腰等の
良好な状態を
保つには

適度な

有酸素運動

例えば
ウォーキング
軽めのジョギング
エアロビクス

それから

筋トレ

具体的には
スクワット
(直立状態でのひざの屈伸運動)
プッシュアップ
(腕立て伏せ)

が効率的です

特に

最近
欧米では

筋トレが
最新最強の
ダイエット法
といわれてます

どうしてかというと

筋トレによって

脂肪・糖分の
燃焼・消費
に効果があるのは
もちろんですが

それに
とどまらないからです

この点を
若干
掘り下げると

イリシン
というホルモンが
分泌
(最近「ぶんぴ」より「ぶんぴつ」が主流)
され
それが脳の海馬(かいば)
に働いて脳を活性化させ

これにより

脳細胞の
生存・成長を促進させ
老化を遅らせる
働きを有する

BDNF

(Brain-derived neurotrophic factor)

というタンパク質が増えて
認知機能が高まる

とともに

男性ホルモンの
テストステロン
が分泌されて
自律神経を
整えるのです


更に付け加えれば

科学が示す
最新の結論によると

定期的に
有酸素運動を
取り入れることで

神経伝達物質

つまり
セロトニン
ノルアドレナリン
ドーパミン

が分泌され

多幸感を増すほか

BDNFの生成量も
増える

ことが分かってます( ^)o(^ )

2 日常生活上スポーツを取り入れる理由
その1

では

なぜ

既にみたように

筋トレ
有酸素運動

を取り入れることで
ダイエットとしては

必要にして
十分なのに

わざわざ
お金・時間・体力
を投入し

しかも
場合によっては
ストレス解消どころか

かえって
ストレスをためかねない
にもかかわらず

日常生活上
スポーツを
取り入れるのでしょうか

実は

人間の脳は
有史以来
それほど変化がない
といわれてます

生存・闘争本能
についても

深層部に
プログラム
されたまま
なのです

そうすると

勝敗を競う
スポーツを通じて

闘争本能

が刺激され

満足感
多幸感

が得られる
わけです

自分の場合
でいえば

確かに
自宅(デスク)で

本を読む
動画を見る
ブログを書く

などするほうが
楽しいし

何よりも
自分のペースで
できるので
気がラクです(*^-^*)

スポーツとの
付き合いは
かなり
長いですが

たぶん
根っこは
インドア派
なんですね(^-^)


そうであるのに

どうして

現状でいうと
定期的に

テニス
ゴルフ
ボウリング

を続けているのか
といえば

闘争本能を
土台とした上

改善工夫を重ね
その努力と達成度合い
を確認するなどしながら

その過程・結果への
コミット自体に

やりがい(価値)を
見出している
からだと

自分なりに
整理してます(^_-)

3 上記理由その2

ところで
横浜の職場にいるとき

かなりゴルフが上手な
先輩(上長)の口から

話の前後の
シチュエーションは
忘れてしまったものの

ポロっと
出た言葉
がありました

「スポーツは世の中に自分の思いどおりいかない分野・世界があることを身をもって教えてくれる」

社会経験を積み
職場での発言力が
増すにつれ

面と向かって
意見をしてくれる
人が減る
ことを実感します

裏を返すと

そういう状況に
なればなるほど

相手が
意見等しやすいよう

日頃の
雰囲気づくり
対応ぶり

などに
意を払う
必要があります

更に
もう一押しすれば

仕事を離れて
肩書等に関係なく
集中し
没頭できる

職場以外の
活動の場所・部面
を確保するのが

賢い選択
といえます

居心地の
良すぎる
安住の場は

諸刃(もろは)の剣

的な要素を
含んでおり

油断できません

豊かな人生を
おう歌するには

相応の負荷
(ストレス等)
を避けてはいけない

と心得ています

少し
脱線気味
になっているので

この辺で
話を戻しますね(;^ω^)

勝敗を競う
スポーツは

対戦相手
組んだペア
スコア

などにより
成果・評価
が如実に出ます

スポーツクラブや
スクールに通えば

所属コーチ等から
指導・教示
があったりします

仮に

周囲が
本人に配慮して
その評価等を
はっきり言わなくても

本人が
一番よく
分かっている
ものです(._.)

この点は
とてもシビアで

本人にとって
心理上
ごまかしが
利きません

悔しさ等が
ガッツリ
残るのです

そして
休眠していた

闘争本能
(向上心)

に火がつき

課題の克服・攻略
に向け

アグレッシブ

に取り組めれば

かえって
シメたものです(^O^)

4 余談

自分の場合

対戦相手がいなかったり
スコア(順位)化されない
ような

身体運動は
苦手です

闘争本能
前提としないと

モチベーションの
保持が難しく

続けるのは

無理ゲー

と決めてかかって
しまうのです(+o+)

関連記事

【生活・心構え】人生という農場で楽しみながら多くの収穫を持続させるためのコツ(秘訣)の一つは,あえて隙を作り,逃げ場を確保して,必要以上に自分や周囲を追い込まないことだと思います。

※投稿記事一覧にもどる!

※投稿記事の音声配信はこちらからどうぞ!

投稿者: toshi0227(トシ・オフ・フナ)

東京都世田谷区在住,妻子持ち,50代後半(令和3年1月1日現在)男性。法律職公務員。0型・蠍座・寅年。モットー「いまが一番!ここが一番!」「独見・我流」。趣味はテニス・ゴルフ・油絵等。定年退職が近づきつつあるため,社会との接点を確保して認知機能の低下を防ぎ,健康長寿・生涯現役を目指すべく,遅きに失した感はあるものの,思い切って「ユル・ヤワ」に「toshi.blog」を始めてみました。大海原を出航したばかりですが,よろしくお願いします。 ちなみに,ブログの公開表示名「toshi0227(トシ・オフ・フナ)」を「年 of 鮒」と覚えておけば,toshi0227で指名検索する際に便利です(^^)

【生活・運動】日常生活にわざわざスポーツを取り入れるのは無駄と考えるあなた,その考え方は合理的過ぎます。」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。