【生活・心構え】人生の目的・課題とうまく付き合いながら,終着駅改札出口で,腹落ちするための旅の最中です。

#寄り道#
よく見かけるのは
To do(すること)
を明確にする

例えば
これを
紙に書き出して
視覚化しておくこと

自分は
ユル・ヤワ
の性分なので

むしろ
Not to do(しないこと)

のほうに重点を置き
to doを緩めにして

その分
行動の自由度を
保ちたい
と考えてます(p_-)

1 人生の目的

人生の目的って
いきなり
いわれても

正直

ピンと
来なかったり
しませんか

一日一日を
生きることで
精一杯

まずは
収入を安定させて
足元を固めないと

将来のことなんて
二の次

背に腹は
かえられない

ということですよね(^-^)

至極
もっとも
だと思います


ただ
それでは
あまりにも
味気ないです

足元を固めた後の
自分
を想像してみてください

その高みに上って
何を見
何を感じるか

ここで
あなたの真価が
問われる
と心得ましょう

少し
脱線気味に
なりましたから

この程度にとどめて
話を戻します

目下の課題に

本気で
集中して
取り組むことが

何よりも
優先すべきなのは
重々分かった上で

あえて
いわせてもらいます

実利に直結しない
モノ(有形・無形を問いません)ほど

時の経過によって
色あせないばかりか

じわじわと

内面から
骨格を作り

こころ(マインド)
を強固にし

個性も
引き立てて

くれるものです

ということで

本稿においては

しばし

自分なりに

モノの代表格
といっても
過言ではない

人生における
正に「ど真ん中」の
目的そのもの
について

考えてみる
ことにします

というか

もう
ずばり

結論的な
考え方を
示していきまーす

生きとし
生けるもの
のうち

高等の感性(感情を含みます)を有する
人間にとって

最後まで

幸福

(心が満ち足りていること)

を感じながら

人生の最終章

を終えたい

これこそ

おそらく

人生の究極的な

目的

に関する

最大公約数的な

意味内容

だと思ってます

2 人生の課題

ところで

今のところ

等しく
プログラムされ
何人(なんぴと)たりとも
避けて通れず

人生を
決定的に
左右する

生(しょう)老病死

という課題
に関しては

形而上(けいじじょう)学的分野
以外の
生物学等の諸科学では

例えば

🔶3D(スリーディー)
 プリンター

🔶クローン

技術の
目覚ましい
進化発展が
あるにもかかわらず

人類の英知を
もってしても

残念ながら
いまだに

克服されたとは
到底いえません

もっとも

そんなに遠くない将来

🔶先に触れた3Dプリンターと
クローン技術の融合により

人間の臓器が車の部品と同じように
取り換えが可能となるかもです

また

🔶老化関連遺伝子のスイッチを
オン・オフ
に切り替えることによって

マウスの若返りが
実証されており
(エピゲノム編集技術)

この技術の応用により
人の寿命が
30~50年
程度伸びる
と期待されてます

さらに

🔶動物実験を通じ

血液中にある成長分化因子11(GDF11)
という特定の遺伝子に

老化を抑制させる働きがあること
が判明しており

こうした老化抑制物質を使った
長寿延長研究に期待が集まってます


ほかに

身近なところでは

🔶長寿効果があるとされる
健康食品・医薬品類(例えばNMN含有サプリ)
を摂取すること

🔶適度の負荷(ストレス,苦痛)
を与えて計画的に休息すること
(アンチエイジングメソッド)

により

老化の進行を
遅らせることが
身近になっている
かもです


今後

AI(人工知能)を含む
先に触れた
分野の各技術が

加速度的に進展し
融合し合うこと
によって

悠然と
立ちはだかってる
人生の課題
に対し

いずれ
克服の転機
が訪れるものと

願ってやみません


一方
形而上(けいじじょう)学的
にみると

これまで

預言者
聖人(しょうにん)

などといわれる

超人や
先達(せんだつ)らが

生老病死
と真正面から向き合い

この課題と
思索上
格闘するなどして

それぞれ

を示してきました

3 終着駅での総決算

個人的には

第二の人生において

生老病死と

どう向き合っていくかが

最大の関心事

であるし

自身の
ニーズ

と言い直す

こともできます


この点は
現状
(既に触れた諸科学の進展具合)
を前提とした場合

別稿(後記関連記事)
でも語ったとおり

本人の自由意思に基づき
終末期を
選択できるならば

このことが
各人生の
課題克服にも寄与する
と考えてます

少なくとも
自分の場合

気持ちの上で
大いに違ってくるのは
間違いありません

この辺りの考え方は
アドラー心理学でいう
「課題の分離」
に親近する側面があるかもです


最終章のステージでは

自分なりに

課題克服のために

模索する

又は

掘り当てた

自解(じげ)」

に納得し
腹落ちしている

そうした「自分」で
締めくくりたい(総決算

言い換えれば

人生における終着駅の
改札出口を通過する際に

「いま・ここ」が一番

との想いで

日々積み上げてきた

自身の生きざまを

虚心に

振り返りながら

感慨深く

受け止めてあげられる

心境

にたどり着き

しかも

それに感謝できる

という最終目標地点(ゴール)
(これは目的に直結する)

への到着を確認すること
が当ブログを続ける

モチベーション

だったりします(*^-^*)

関連記事

【生活・心構え】五十代後半に至り,終末期における生涯最期(辞世)の言葉を意識するようになりました。

※投稿記事一覧にもどる!

※当記事の音声配信はこちらから

投稿者: toshi0227(トシ・オフ・フナ)

東京都世田谷区在住,妻子持ち,50代後半(令和3年1月1日現在)男性。法律職公務員。0型・蠍座・寅年。モットー「いまが一番!ここが一番!」「独見・我流」。趣味はテニス・ゴルフ・油絵等。定年退職が近づきつつあるため,社会との接点を確保して認知機能の低下を防ぎ,健康長寿・生涯現役を目指すべく,遅きに失した感はあるものの,思い切って「ユル・ヤワ」に「toshi.blog」を始めてみました。大海原を出航したばかりですが,よろしくお願いします。 ちなみに,ブログの公開表示名「toshi0227(トシ・オフ・フナ)」を「年 of 鮒」と覚えておけば,toshi0227で指名検索する際に便利です(^^)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。