【体験・回顧】自身の過去にタイムスリップできるとしたら、どの時期・場面を望みますか。

#寄り道#
あるトークラジオから

「眠れない夜があるのだから
起きれない朝があって当然」

と流れてました

なるほどと
一人で納得(-ω-)/

ちなみに
有難いことに
自分は

朝起きれなくて
しんどい思いをした
記憶が

いわゆる二日酔いを除き

ほぼありません(^_-)-☆

1 コロナ禍が一人親家庭を直撃

最近(令和3年4月上旬~中旬)

コロナ禍の第4派が
猛威を振るい始めてます




巷に流れる
コロナ関連ニュースの中で

特に
気になったのは

皆さん

必死に

凌(しの)いでる
状況下において



コロナ禍の猛威が

一人親(ひとりおや)家庭

にも大打撃を与えてる

という事実です

2 タイムスリップに対する自分の立ち位置

いま・ここ

を一番と考える
自分において

基本的に

過去の自分・場面に戻りたい
とは思いません





その上で

タイムスリップできるとすれば

どの時期・場面に戻る
ことを希望するか

沈思黙考してみる
ことにしました

3 選んだタイムスリップの時期・場面

記憶を
懸命にたどっても

残念ながら

時期を

きちんと
特定できません





漠然としたもの
ではありますが

小学校低学年頃
(たぶん2年生か3年生)
だったと思います



その日

自分の母の
女性友だちと

その息子さん
(小学1年生かその入学前だったとの記憶)

が家に遊びに来ました



その息子さん

年齢の割には

話し方

身のこなし

が年齢不相応に
きちんとしており

しっかり者
といった感じ

少し頼りなさそうな
母親とは対照的です



更に感心したのは

その息子さんと
二人で話をした際

将来のことを
既に具体的に考えており

お医者さんになりたい

と熱く語っていた
(話の具体的な内容は全く記憶にありませんが)
のを覚えてます



おそらく

以上の関りの程度
にすぎなかったならば

もう一度会いたい
と強く思うことは
なかったはず



とても
印象的だったのは

その息子さん(少年)の
瞳だったのです



なんともいえない

慈愛深そうな
やさしい瞳を
してました


子どもごころにも

この少年は
お医者さんに
適任だな

と感じたのを
鮮明に覚えてます



少年が語った
内容の中で

断片的に
記憶に残ってるのが

お母さんをラクにしてあげたい

との部分でした


母思いの
親孝行息子なんだな
と感じ入(い)るとともに

自分との歴然たる違いを
思い知りました



ただ残念ながら

一人っ子気質
なのでしょうか

自身の

競争心・向上心

には結びつかなかったのです(._.)






その後

この少年とは

遠目から

数回見かけたように
記憶してるのですが

直接話を交わしたのは

その機会が
最初で最後



まさに

一期一会

となりました( ^)o(^ )

4 タイムスリップの対象に選んだ理由

きっと

少年は

お医者さんに
なっているものと
信じてます



っていうか

お医者さんに
なってるかどうか

その点は


実は
どうでもよくて

女手(おんなで)一つで

育ててくれた
母親を

ラクにしてあげてる

と信じたいのです(*^-^*)






そして

可能なら

もう一度

あの瞳に会いたい
と願ってまーす(^-^)






タイムスリップして

少年と再会した上

氏名を確認し

現在に戻ってきたら


その氏名をたどり

親孝行

してるのを確かめて

自分の胸をなで下ろし

安堵(ど)することを
望んでます(^_-)-☆

5 少年・青年は社会の宝・人材源

冒頭で触れた

コロナ禍が一人親家庭を
直撃してる

との話に戻します






少年・青年は



社会の宝・人材源である

との認識を共有した上



見込み・やる気のある
少年・青年

の芽を摘むことを避け


現行でも

奨学金制度等が
あるものの



更に
充実させて

勉学のサポート

向学のための機会提供

といった環境・制度
の一層の整備を

望んでやみません



他人(ひと)事とは
思えないのです(^<^)






門外漢(もんがいかん)の
無責任な理想・空想論
といわれそうですが



私立か公立か

親の収入・資産

といった環境条件
による影響を



最小限にしつつ




真に
本人の能力を測れる

受験の方法(仕組み)

の再構築を願ってます(^<^)





やる気があり

実力のある

学生一人ひとりが



個性を開花させ

特性にかなった

方向に進めるばかりでなく




最初は芽が出ない

遅咲き

であっても



社会のレールに
途中乗車して

所期の結果を
手にできる



このような

骨太の社会的システム
こそが



自己実現はもとより

社会全体の底上げにも
つながり




ひいては

足腰が強く

世界とも戦える

人材群

を輩出可能

と信じてまーす(^^)

6 余談

実は

自分も

小学4年生頃
父親と離別しており

母子家庭で育ってます





既に亡くなってる
母には

感謝しても
しきれません




母の苦労など
露程(つゆほど)も知らず

中学・高校を通じて

お気軽にも
スポーツ(野球)に励み

大学に入ってからも

ダラダラと
試験勉強を続けるなど



自由奔放に

好き勝手に


生きてきました



こんな自分を

辛抱強く
見守ってくれた
母には




本当に

いまだに

アタマが上がりません



個々の場面で

思い起こされる
母の一言一言が

自分のココロに

重く

深く

突き刺さってます(-ω-)/




※投稿記事一覧にもどる!

投稿者: toshi0227(トシ・オウ・トウ・トウ・セブン)

東京都世田谷区在住、妻子持ち、シニア層男性。法律職公務員。0型・蠍座・寅年。モットー「いまが一番!ここが一番!」「独見・我流」。趣味はテニス・ゴルフ・油絵等。定年退職が近づきつつあるため、社会との接点を確保して認知機能の低下を防ぎ、健康長寿・生涯現役を目指すべく、遅きに失した感はあるものの、思い切って「ユル・ヤワ」に「T.H.BLOG」を始めてみました。大海原を出航したばかりですが、よろしくお願いします。 ちなみに、ブログの公開表示名「toshi0227」は「トシ・オウ・トウ・トウ・セブン」と読みまーす(^^)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。