【体験・初心者】音声配信を半年間続けてみての率直な感想でーす!

#寄り道#
本人:職場先輩
相手:同後輩

本人:音声配信の収録のおかげで
   コップの水がカラになって
   しまいました

相手:次に何を言いたいのか
   予想がつきますよ

本人:それじゃぁ一緒に
   いきましょうか
   せーの

本・相:喉(のど)も
    カーラ・カラ!
    

1 音声配信を始めるきっかけ

本年(令和3年)2月初旬頃

ツイッター上で

ある相互フォロワーさんの

音声配信(スタンドエフエム)
を始めた旨のツイート

を目にしました

そのときは

「積極的に活動しているんだな」
「頑張っているね」

などと感心するだけで

自身に対する
動機付け等の気持ちは
特に湧かなかったのですが

最初に
そのツイートを目にして
1週間くらい
経ってからでしょうか

「自分のブログは一記事当たりの文字量がそんなに多くない」

「各記事も非収益を前提としたシンプルな内容だ」

「各記事を原稿代わりに流用すれば何とかなるかも」

などと自問自答するようになり

ネット上で
スタエフの仕様等を
チャックするなどした末

「結構おもしろそうかも」などと
あまり深く考えず

とりあえず始めてみる
ことにしたのです

スタエフに
第1弾の配信をした際の
記念すべきツイートを
アップしておきます

2 初回配信以降の経過

ブログ記事の投稿を
週1の割合で
行ってるところ

音声配信も

ブログ記事を
原稿代わりにしてる
関係から

週1の割合で
気負うことなく
粛々と続けてました

当初の数回は
1回程度のリハーサルを
経てましたが

それ以降

いきなり
収録本番です

確かに

途中で

例えば

使用中のスマホに
メール等の着信音が
雑音として
入ったりしますが

こだわり始めるとキリがない
などと割り切って

収録を半ば無理やり
済ませてしまってます(;^ω^)

金曜日の夜(午後8時30分以降)に

ツイート
ブログに関する一般読者向けの記事更新
NOTEへの記事投稿

を片付けた上

ようやく
音声配信の収録に
取り掛かるため

どうしても
バタバタして

押っつけ仕事に
なってしまうのです

とはいえ

近い将来

温存していた
「隔週更新」のカード
を切ること

つまり

1週目に
トシ・ブログの
一般読者向け記事
を更新したら

2週目に
スタエフで音声配信

3週目に
NOTEに記事投稿

4週目に
その他ブログに記事投稿

以上4週を1サイクルとして
回していくことを検討中で

近日中に
アナウンス予定でーす!!

はっきり
いいますね

全てにおいて

細く長く

が自分にとっての戦略です(^^)

3 現在の所見・展望

既に触れたとおり

音声配信では

ブログ記事を
原稿代わりにしてますが

ブログ記事のうち

「寄り道」
「余談」
の部分は

音声配信から
除いたり
することがあります

上記部分に関心のある
リスナーには

直(じか)にブログ記事に
当たってもらう
ことになります

時流というか

耳学問の利便性に
抗(あらが)うつもりは
毛頭ないのですが

なんだかんだ言って

特に
文字情報にさほど抵抗のない
一定層の行きつく心情は

「やっぱり最後はテキストで」

というのが持論でーす(^O^)

次に

スタエフ自体の話を
していきますが

スタエフのつくりとして

当人以外には

フォロー・フォロワー数

「いいね」の数

が分からない
建て付けになってる
点が秀逸ですね

あとは

スタエフに限らず
音声配信一般に対し

気になる点として

テキストと違い

「代替」が利かず

一定時間拘束され

きっちり
体調管理を強いられる

点です

とはいっても

今後は
ライブ感を「売り」に
差別化が過熱しそうですね

いずれにしても

自分の場合

このような
トレンドとは
距離を置いて

音声配信(スタエフ)に

気長に
取り組み

末長く
お世話になる

ことを望んでます(^^)


これとは対照的に

結構シビアなのが

Voicy(ボイシ―)でしょうか

あるインフルエンサーの方が
次のような趣旨のことを
放送してました

🔶「先行者グループ」は
ある程度形成されつつあるものの
今ならまだまだ
音声配信に参入する
メリット・枠
が残ってる🔶

以下現状を
冷静に推察してみます

1日当たり
音声配信を利用する
リスナーの持ち時間が
どのくらいなのかは

もとより
定かでないものの

仮に

リスナーの持ち時間を60分

配信者の1回当たりの
放送時間を30分

とみた上

リスナーが
1.5倍速で聴く

と想定した場合

リスナーがフォローする
配信者一人当たりの
放送に要する
時間(所要時間)は20分

そして

持ち時間60分のうち
リスナーの
配信者フォロー可能数は
3人となります

一方

リスナーの持ち時間を120分
と仮定した場合

リスナーの
配信者フォロー可能数は
6人です

同じように

今度は

配信者の1回当たりの
放送時間を15分
とすれば

配信者一人当たりの
所要時間は10分なので

リスナーの持ち時間を
60分とすると

リスナーの
配信者フォロー可能数は
6人となり

同様に

リスナーの持ち時間が
120分なら

リスナーの
配信者フォロー可能数は
12人です

以上みてきたとおり

リスナーの持ち時間を
楽観的に想定しても

もちろん
毎日配信が大前提
となりますが

放送フォロワー総数のランキング上位
少なくとも10位くらいに
食い込んでないと

固定客を囲(かこ)えない

放送(配信者)枠の
お鉢(はち)が
回ってこない

という現実

あたかも

椅子取りゲーム

のような様相

を突きつけられる
ことが薄々分かって
しまいます

さらに

固定客が
横取りされないよう

配信の時間帯や回数に
配慮するなど

相応の戦略・戦術を
駆使する必要もあります

こうしてみると

実際のところ

参入障壁

は高い

とみることができます

もっとも

プレミアム放送(有料)と
両立するかどうかは
脇におくとして

在宅勤務中
自営の作業中
などに

BGM代わりで
長時間
ボイシ―を流してる

という意識高い系の人
が一定数いれば

その分だけ
リスナー(放送時間)
の母数が
膨らみますから

限られたパイを取り合う
配信者の枠も
それだけ広がります

のみならず

テレビ離れ
に一層拍車がかかり

動画にも
往時(おうじ)の勢いが
相当程度なくなれば

それなりに
配信者枠の拡大を
期待できるかもです

もちろん

ジャンルに特化し
ニッチ層を早期に取り込む
戦略もアリです

結局

参入に舵を切るかどうかは

前提条件を踏まえつつ

それぞれの思惑等に従い

当人が決める
ことになります

それでは

自分の場合はどうか
といえば

そもそも

ボイシ―参入に
手を挙げても

許可されないでしょうし

万が一
許可されたとしても

毎日配信は
明らかに

無理ゲー

なので

これまでどおり

スタエフで

細く長く
緩く柔(やわ)く

続けていきまーす(^_-)

※投稿記事一覧にもどる

投稿者: toshi0227(トシ・オフ・フナ)

東京都世田谷区在住,妻子持ち,50代後半(令和3年1月1日現在)男性。法律職公務員。0型・蠍座・寅年。モットー「いまが一番!ここが一番!」「独見・我流」。趣味はテニス・ゴルフ・油絵等。定年退職が近づきつつあるため,社会との接点を確保して認知機能の低下を防ぎ,健康長寿・生涯現役を目指すべく,遅きに失した感はあるものの,思い切って「ユル・ヤワ」に「toshi.blog」を始めてみました。大海原を出航したばかりですが,よろしくお願いします。 ちなみに,ブログの公開表示名「toshi0227(トシ・オフ・フナ)」を「年 of 鮒」と覚えておけば,toshi0227で指名検索する際に便利です(^^)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。