【スキル・肝】不安等のネガティブ感情への対処方法の指南書でーす!

#寄り道#
本人:職場先輩
相手:同後輩

相手:うがい薬を
   目薬と間違えて
   目にさしてしまい
   眼科に行ってきました
本人:災難でしたね
   それで?
相手:ナースさんが
   「どちらの目ですか」
   と聞いてきたので
   「両方の目です」
   と伝えたんです
本人:すると?
相手:ナースさんに
   言われちゃいました
   「普通は片方
   気づくんですけど」

1 人間は高度に複雑な感情を有する動物

日常生活において

意識的に

気分転換(リラックスモード
を取り入れ

睡眠を確保する

ことが重要なのは

後記関連記事
で紹介済みなので

ここでは
詳細に繰り返すことを
避けますが

セロトニンの分泌促進

副交感神経の活性化

によって

ヒーリング(回復)効果
が得られるとしても

高度に複雑な
感情(情動を含みます)を有する
人間は

現実の部面で

一旦

高揚感
達成感
満足感
幸福感
などの

ポジティブ感情

を獲得できた
としても

時々刻々と
縁する
事象によって

その感情は
瞬時に

不安(悩み)
嫉妬(憎悪)
憤り(敵意)
などの

ネガティブ感情

に取ってかわって
しまいます

見方を変えると

心象面では

喜(き)と怒(ど)
哀(あい)と楽(らく)
愛(あい)と憎(ぞう)

現象面では

陽(よう)と陰(いん)
真(しん)と偽(ぎ)
善(ぜん)と悪(あく)
美(び)と醜(しゅう)

などの

対(つい)・表裏の関係性
を有する事象が

あたかも

二面性

を有するがごとく

いとも簡単に
入れ替わる

あるいは

不即不離(ふそくふり)に
相対している

のが現実世界の実相です

この点

室町時代に

現在の「能」の
祖型(そけい)である
猿楽(さるがく)
を大成した世阿弥(ぜあみ)も

その理論書である
風姿花伝(ふうしかでん)」の中で

「善も悪も本来別物ではなく突き詰めれば同じもの」
と述べてます

ともあれ

ポジティブ感情が
純粋に
ずっと保持される
ことはあり得ない

ばかりか

形象(けいしょう)として

いわば表の顔では
ポジティブ感情
が表れてるけれども

その裏側では
ネガティブ感情
が身を潜めてる

と捉えることも

あながち
的外れ
とはいえません(^O^)

もうひと堀りすれば

二面・表面的事象が
あたかも
同時的(パラレル)
に存在するのが

自然界の理(ことわり)
なのではないか

いや
もしかすると

二面にとどまらず

多面的なのかも
と独見・空想してます(^^)

いずれにしても

歴史上の哲人・偉人でさえ
不安や悩みに苛(さいな)まれ
もがき苦しんでいるのに

人生の途上

たまたま
運よく

局所的・外面的に
勝ち組に入った
からといって

「いかにいわんや凡人をや」
と心得てます( ˘ω˘ )

2 ネガティブ感情との向き合い方(スタンス)

生きていく上で

厄介なネガティブ感情と
無縁ではいられない
とすれば

ネガティブ感情と
どう向き合っていくか
によって

人生の豊かさ
が変わってくるのは
容易に理解できます

ところで

不安の存在によって
メリットを
享受することも可能です

例えば

物事を慎重に考えたり

リスクをキャッチする
感度に磨きがかかり

向こう見ず
無鉄砲

な行動のブレーキ
になってくれたり
するからです

また

不安があるからこそ

努力に身が入り

周到に準備し

事に備えたりできる
ともいえます

さらに

脳科学的・生理学的
にいえば

ネガティブ感情で
涙を流すと

ストレス物質(ホルモン)である

ノルアドレナリン

(毒性があり体内の活性酸素を増加させ免疫力を低下させます)

を抑制し

精神安定(神経伝達)物質である
セロトニン(幸せホルモン)

が分泌されます

落涙(らくるい)は
ノルアドレナリンの過剰から
心身を守ってくれるのです

このような
ネガティブ感情における
メリットの側面を捉えて

「必要悪」などと
位置付けるのも

もちろん
「アリ」ですが

それなりの
市民権を与えて

共存共生

の友好関係を
模索することも

選択肢の一つ
かと思ってます( ^)o(^ )

3 感情生成のメカニズム

ネガティブ感情との
共存共生を模索し

友好関係を構築する
道を選ぶ場合

次に
当然

どのようにネガティブ感情と
付き合えばよいのか

という点が関心事となります

もっとも

その点を検討する前に

感情が生起するメカニズムを
簡単に押さえておきましょう

主に感情を作り出すのは
脳の奥にある
偏桃体(へんとうたい)
であり

情報処理の中心的役割
を担ってます

感情とは

この偏桃体が

下した評価を

心身に伝える

メッセージであり



心身の危険度を知らせる

シグナル・サイン

の役回りをしてます


一方

前頭前野(ぜんとうぜんや)は
脳の前方に広がる領域で
理性的・論理的に判断する
働きがあり

偏桃体の評価に対し
無意識的又は意識的
ブレーキをかける
役目があります

4 不安感と神経伝達関連遺伝子との関係

ネガティブ感情のうち

特に

不安感との関係で

脳の仕組みについて

ざっくりと
触れてみます

神経終末から放出された
セロトニン(神経伝達物質)を

リサイクル(再利用)する
働きを有するのが
神経伝達に関連する

セロトニントランスポーター遺伝子

です

この遺伝子が少ない
類型(SS型)の人は

セロトニンがリサイクルされずに
体外に排出されるため

慢性的にセロトニン不足に陥り

不安を感じやすい傾向にあります

日本人は遺伝的に
この類型に属する割合が多い
といわれてます_(._.)_

ちなみに

日本人の場合

セロトニンの分泌が多い
LL型の割合は

1.7%

にすぎないそうです

5 ネガティブ感情との具体的な付き合い方

それでは

ネガティブ感情と
どのように
付き合ったらよいのか
具体的に考えてみます

まず最初に
検討対象を
明確にしておきます

以下では

偏桃体の下した評価に対し
意識的
ブレーキをかけるなどして
ネガティブ感情をコントロールする

場合を前提とします

いうまでもありませんが

無意識的な場面では

あらかじめ
付き合い方を
心積もりするのが
難しいからです

以上で
土俵の設定が
済みましたので

いよいよ
本題(具体的な付き合い方)に入ります

例えば

知的レベルが
どんなに高くても

ある事象を認知し
反応することで生じた
ネガティブ感情を

意識的(理性的)に
コントロールできるかどうかは
別問題

更に掘り下げると

感情のコントロールは

生来(アプリオリ)的
先天的
なものというよりも

環境要因によって
後天的に備わる
側面(経験値の度合い)
が強いと考えます( ^)o(^ )

ということは

ネガティブ感情との
付き合い方も

一種のスキル

と捉えるのが
得策

もっと端的に言えば

付き合い方を
パターン化
心積もりしておく

これがです

それでは

お待たせしました!

早速

ネガティブ感情との
付き合い方を

多角的観点から

順次
敷衍(ふえん)する
ことにします

1 自己耐性の強化・感謝の気持ち

①ポジティブ感情は
ネガティブ感情が
あるからこそ

より生かされ
価値を増す

②感情の浮き沈みを通じて
「生」を実感でき

いま・ここ
を生きる上での
充実感が増す

などと捉えて

ア 自己の耐性を強め
  ネガティブ感情を手なずけます

イ ネガティブ感情が生じる
  原因自体に感謝できるよう
  気持ちを切り替えます

  この感謝に係る方法論は
  後記「自己暗示」の項で
  具体的に触れておきました

2 最悪事態の想定

あらかじめ
最悪の事態を
想定して織り込むことで

ネガティブ感情が
「こころ」に与える震度・振幅を
最小限に食い止めます

逆に

最悪の事態を

織り込めない
受け入れ難い

というモノには
そもそも
かかわらない

例えば

失敗すると経済的に破綻し
相場からの退場を
余儀なくされる

値動きが心配で頭から離れず
他のことが手につかなくなる

というような投資には
絶対に手を出さない

ことが肝要です

3 高次元の感情を優先

より高次元のネガティブ感情が
表出するような事柄に
トライ・チャレンジし

高次元のネガティブ感情
と優先的に付き合います

目下(もっか)・既出の
ネガティブ感情は

高次元のネガティブ感情に
吸収されてしまうからです
(大は小を兼ねる)

4 生理学的観点からの時間稼ぎ

生理学的にみると

ネガティブ感情により
一時的に
ノルアドレナリンが
分泌されたとしても

体の仕組みとして

最終的には
セロトニンも
後追いで分泌される
ことになるので

病んでない限り

時間の経過により
必ず落ち着くことができます

ということは

時間が解決してくれる
ということなので

とにかく
好きなことに没頭したり
気分転換をして
時間を稼ぐのです

5 社会心理学的アプローチ

認知行動療法(CBT)は
不安の原因を
明確にしていく手法です

不安を明確化することで
課題として
見据えることができ

克服しようと
前向きに
取り組めます

明確に
イメージできてこそ

自由自在の
コントロールが可能
となるからです

このアプローチの
ポイントは

不安をただ漠然と
ほったらかしにしない
という点

ただし

誤解のないように
念押ししますが

LL型の人であれば

このアプローチは
かなり期待できる
かもですが

SS型の人の場合

たとえ課題を克服しても
何らかの縁によって
別の不安が
すぐに表れる
公算大です

ですから

課題を解決して
不安の解消を
目指すよりも

不安そのものは

精神の作用として
常に潜んでおり

いつでも姿を見せる

と自覚した上

共存共生のスタンスで
うまく付き合っていくのが

賢い選択かもです

6 自己暗示

「必ずうまくいく」などの
自己暗示(おまじない)をかけて
「いま・ここ」に
気持ちを集中させます

一例を挙げると

朝起きてから

自身の願い・祈りと
それが叶ったときの
自身の姿を想起するほか

誓願を立てつつ
「いま・ここ」
を生きている
自身の立場に
感謝するのです

不思議ですが

感謝の気持ちは

身構える「こころ・からだ」から
無用な力を抜いてくれ

リラックスできます

以上の所要時間は
せいぜい
1~2分です

7 感情の廃棄

自分は活用してませんが

赤裸々(せきらら)な思いの丈(たけ)
つまり
ネガティブ感情を

本人のカップ(許容量)
から溢(あふ)れ出る前に

廃棄処分する
ようなつもりで

「ブログ(非公開)」や「日記帳」
又は気の置けない相談相手

にぶつけて
スッキリさせます

8 日常生活の習慣化

後記関連記事で
詳しく触れてますが

日常生活での
具体的な行動を通じて

セロトニンの分泌
を促すほか

食事面からも
これを意識します

例えば
ビタミンB6
を含む食物
(赤身肉・鶏肉・牛レバー・マグロ・カツオ等)
の摂取
サプリメントでも代用可

6 余談

ネガティブ感情との
付き合い方について

自分のやり方(考え方)
又は
思いついたもの

を多角的に紹介してきた
つもりですが

ほかに

心理学的な考え方
をベースとして

「コーチング理論」

「アンガーマネジメント」

などのメソッドも
提唱されてます(^^)

ちなみに

ネガティブ感情が
暴走して歯止め(ブレーキ)が
利かないようなとき

これは

心配性(気質)
を超えて

不安障害(強迫性障害・パニック障害)
などの疑いがあり

きちんとした
「こころ」のケア
が必要かもしれないので

専門機関への受診
などを検討してください(”ω”)

関連記事

【生活・指針】心身をリラックスさせるために何か取り組んでますか。

※投稿記事一覧にもどる!

投稿者: toshi0227(トシ・オフ・フナ)

東京都世田谷区在住,妻子持ち,50代後半(令和3年1月1日現在)男性。法律職公務員。0型・蠍座・寅年。モットー「いまが一番!ここが一番!」「独見・我流」。趣味はテニス・ゴルフ・油絵等。定年退職が近づきつつあるため,社会との接点を確保して認知機能の低下を防ぎ,健康長寿・生涯現役を目指すべく,遅きに失した感はあるものの,思い切って「ユル・ヤワ」に「toshi.blog」を始めてみました。大海原を出航したばかりですが,よろしくお願いします。 ちなみに,ブログの公開表示名「toshi0227(トシ・オフ・フナ)」を「年 of 鮒」と覚えておけば,toshi0227で指名検索する際に便利です(^^)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。