【生活・よもやま話】仕事帰りの自宅玄関前で見かけた「セミさん」(昆虫の蝉)へのレクイエム(鎮魂歌)です。

#寄り道#
本人:職場先輩
相手:同後輩

本人:念願の海外旅行はどうでしたか

相手:観光地の格式高いホテルなのに
   洗面台にアリが這ってました
   日本ならありえない話ですよね

本人:アリのことですから
   ありとあらゆるところに
   出現するのです

1 仕事帰りのとある出来事

夏の風物詩ともいえる
セミしぐれ
(あちこちで盛んに鳴くセミの声)

転勤先の
地方都市では
身近でしたが

ここ都内では

意識的に
動かない限り

セミを

間近に見たり

思いを馳せる

ことは難しいです

少なくとも
自分の場合

通勤中は
常に
イヤホンをしており

セミの鳴き声に
季節の移ろいを
感じることは

少なくなりました(._.)

そんな状況の中

仕事帰りの
ある夕刻

いつものように

自宅玄関ドアまで
やってくると

ドア前の地べたに

うつ伏せで
一匹の「セミさん」
がいたのです

羽の模様から
アブラゼミ
と分かりましたが

うつ伏せの状態なので
まだ
息絶えてないなと
ひと安心

昆虫は
息絶えると

脚の関節が
硬直しながら
曲がるため

ひっくり返って
しまうのが
常態なのです

案の定

そっと
ドアに近づこうと
するや否か

急に

最期の力を振り絞る
かのように
羽をばたつかせ

目の前から
いなくなって
しまいました

死期が近かった
かもしれず
邪魔したく
なかったのですが・・・

昆虫の目は
小さな目が集まる
複眼のため

広い範囲を
見渡すことができ

そばをゆっくり
通り抜けよう
としても
無駄骨でした(-.-)

オスのアブラゼミは
「ジリジリジリ…」
と鳴きますが

特に
鳴かなかったことから

産卵(さんらん)の
大仕事を終えた
メスに
ちがいありません

久々に
セミを間近で
見かけたせいか

いまだに
余韻が
残ってます( ˘ω˘ )

2 セミの生態

「セミの一生は7年」
と聞いたことがある
かもしれません

幼虫の期間は
それなりに長い
といわれてるものの

飼育・観察が
難しいためか

生活実態(生態)が
解明済みの種類は
限られてます

幼虫の期間は
環境要因によって
変化します

ちなみに
北米に分布する
周期ゼミは

幼虫の期間が
13年とか17年
だそうです

ところで

多くの種は
枯れた枝や樹皮に
卵を産み付け

孵化(ふか)した
幼虫は

地面に降り

地中に潜(もぐ)って

木の根に
取りつきます

セミの幼虫は

根に流れる
樹液を吸って
育ちますが

栄養分が
多くないため

成長に
時間がかかり

幼虫期間が
長くなるのです

成熟した幼虫は

地上に
這(は)い出し

羽化(うか)して

成虫になります


羽化後の
セミの寿命について

7日程度と
聞いたりしますが

実際には

種によって

1か月前後
だったりです

羽化後

数日間は
満足に
鳴くことができないため

もし
1週間程度しかない
とすると

種の保存に不可欠な
「婚活」
を行う時間が不十分
となるのです

オスは
大きな声で鳴いて
メスを呼び寄せ

パートナーとなった
オスとメスは
交尾します

交尾を終えたメスの
最後の大仕事は
産卵です

こうして

セミの成虫に
与えられた役目は
全て終了となります

孵化して
幼虫になり
更に成虫となって
寿命を終えるまでに

1年に満たない昆虫が
ほとんどなのに

セミは

昆虫の中でも

長寿の生き物
といえます

繁殖行動を終えて
死期が迫った
セミに対し

悲哀(ひあい)の
まなざしを
向けるのは

失礼に当たります

あらかじめ
プログラム
されたとおり

本懐を遂げ

迫りくる死期を
静かに迎えようと
しており

やり残し感

生への執着

死へのおそれ

などとは無縁だからです

そろそろ
バッタリ出会った
「セミさん」の話に
戻すことにします

そばをそっと
通り抜けようとした際の

「お疲れ様でした」

との心の声は
「セミさん」に
全く届いてない
でしょうが

それで構いません

「セミさん」
にとって

今世には

微塵も
未練がない

と信じてますから( ^)o(^ )

3 レクイエム(鎮魂歌)

レクイエムとは
日本語で
鎮魂歌(ちんこんか)といい

亡き相手(対象)の
安息を
具体的に願うことです

せっかく
今回「セミさん」と
縁(えにし)を結んだので

最後に
レクイエムをつづって
当記事のタイトルと
帳尻を合わせたい
と思います

4 余談

9月に入り(令和3年現在)

いつものように

週1の
テニススクール
に行ったところ

フリータイトルで
川柳(せんりゅう)
を募集してたので

ミーハーで
乗せられやすい

自分は

テニスを終え

施設内で
シャワーを
浴びながら

ひねり出した

次の句を

帰りがけに
提出しました

「名残惜し
  七年がかり
   セミしぐれ」

そして

句の「こころ」(趣旨)
についても

合わせて
求められたので

🔶繁殖活動の相手(メス)を
見つけるべく

懸命に鳴く
オスセミたちに

思いを馳せて
懐かしむもの🔶

といった感じで

一緒に
提出してます



ただ

帰宅してから
再考したところ

「川柳」ですから
このままでも
構わないのですが

もし「俳句」だったら
ダメ出し
を食らうだろうな
と思ってます

なぜかというと

初句(しょく)が
ストレートな
感情表現
になってる
からです

俳句では

何よりも
慎み深さ

が大事

なので

川柳ではなく
俳句として
作り直す
とすれば

「過ぎし季(き)の
  七年がかり
   蝉(セミ)しぐれ」

としますね

そして

その「こころ」についても

🔶今シーズンも終わっちゃいましたが
七年越しのラブソングを
オスセミたちがありったけの声で披露してましたよ🔶

くらいの

軽いノリで

サラッと

まとめるのも
一興(いっきょう)
だったかも

と振り返ってます(;^ω^)

※投稿記事一覧にもどる

投稿者: toshi0227(トシ・オフ・フナ)

東京都世田谷区在住,妻子持ち,50代後半(令和3年1月1日現在)男性。法律職公務員。0型・蠍座・寅年。モットー「いまが一番!ここが一番!」「独見・我流」。趣味はテニス・ゴルフ・油絵等。定年退職が近づきつつあるため,社会との接点を確保して認知機能の低下を防ぎ,健康長寿・生涯現役を目指すべく,遅きに失した感はあるものの,思い切って「ユル・ヤワ」に「toshi.blog」を始めてみました。大海原を出航したばかりですが,よろしくお願いします。 ちなみに,ブログの公開表示名「toshi0227(トシ・オフ・フナ)」を「年 of 鮒」と覚えておけば,toshi0227で指名検索する際に便利です(^^)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。