【体験・回顧】交通事故の被害者になった経験ありますか。

#寄り道#
本人:職場先輩
相手:同後輩

本人:高齢化率(65歳以上の高齢者の割合)が21%になった社会を「超高齢社会」といいます

相手:日本はどうなってますか

本人:28%を超える日本はダントツ1位で
2位イタリアの23%を大きく引き離しており
国際的に類をみない級の超高齢社会です

相手:政治的にも商業的にも一大勢力じゃないですか
詐欺的手法にウンザリしてますから情報弱者と軽んじてると痛い目にあいそうですね

本人:う~ん
夏が終わったばかり(令和3年9月中旬現在)なのに
めずらしく「」(卓見)が降ってますか

1 交通事故体験その1

はっきりとは
覚えてませんが

確か小学3年生頃
だったと思います

日中路上で
自転車に乗ってる際

普通乗用自動車と
ぶつかり

自転車もろとも転倒し
けがをしました

信号機による交通整理が
行われてない
片側一車線の道路を

自転車で横切ろう
としたところ

制限速度超過で
走行してきた
自動車が

横切ろうとする
自転車の
動向をみて

急制動の措置(ブレーキ等)
を講じましたが

間に合わず

衝突してしまった

という記憶です
(不確かですが・・・)

運転者は衝突後
直ちに降車して

自分の安否等
を気遣い

事故現場から
50m圏内にある
自分の家まで

送ってくれました

そのあと

当時たまたま
在宅してた父親と

運転者との

話し合いが
始まります

運転者の方は
「自転車が急に横切ろうとした」
などの言い分を述べ

これに対し

父親が
「それならきちんと警察を呼んではっきりさせよう」
などと応じ

結局

警察を呼んで

実況見分等を
行い

具体的な

過失割合

までは
覚えてませんが

運転者が悪い
(「制限速度超過」と「児童が相手」という点からだと思ってますが・・・)

という結論
になった

との記憶です

法律的には

そのように
決着がついた

とはいえ

運転者
からすれば

スッキリしない
部分が残った

と推察されます

急に
横切ろうとする
自転車との衝突を
回避するのは

確かに
容易ではない
からです

あとで
分かったことですが

運転者の方は

自分と同学年の
男子生徒の
実兄
でした

その後

その男子生徒とは

中学・高校と
同じ学校に
通学することに
なったものの

二人の間で

交通事故の件が
話題になったことは

一度も
ありません

事故以来

形容し難い

後ろ髪を引かれる
ような

モノ

例えば
自分にも
相応の非がある
などが

ず~と

ココロの中で

くすぶってました(-.-)

2 交通事故体験その2

社会人になって
15年くらい
経ってからでしょうか

当時

静岡にある
本部(たとえ)から

週1回の割合で

掛川にある職場に
出向いてました

ある夕刻

仕事が終わり

職場玄関口の
真正面にある

信号機のない
横断歩道上を
歩いてると

なんと

なんと

な・ん・と!

普通乗用自動車が
ぶつかってきたのです

運転者の歩行者発見が
遅れたためか

ブレーキをかけて
停車するまでに要する

制動距離

の範囲内で

衝突を回避することは
できなかったものの

衝突後
すぐに
停車できていたので

ぶつかっても

自分の体が前方に
飛ばされずに済み

一旦
フロントボディに

乗っかった上

停車とほぼ同時に

ボディにそって
頭から地面に
滑り落ちる

結果となりました

衝突後

運転者の方は

直ちに降車して
自分の安否等を確認し

自分は

一瞬
気が動転した
ものの

事態を飲み込んで
速やかに
立ち上がり

目と鼻の先にある
職場に
交通事故の報告をして

職場から警察に
連絡してもらう
などの手配をし

その後

駆け付けた
警察官による
簡単な
実況見分が
実施されます

頭から地面に落ちた
こともあって

念のために
頭部CTをとったほうがよい
とのアドバイスを受け

救急車を呼んでもらい

事故現場を
後(あと)にした

というのが
簡単なてん末です

事故現場道路の
見通し状況は
良好なのですが

加害車両側からは

緩やかな
上り勾配(こうばい)

になっており

そのため

発見が少し
遅れてしまったことが

事故原因
と推認されます

運転者の方も
自らの前方不注視を
認めてました

ちなみに

数日が過ぎてから

交通事故に関する
事情聴取のため

警察官が

自分の職場に
やってきたのですが

法律職公務員
という立場上

伝えるべきことは
きちんと伝え

関心事の
過失割合
については

もちろん
自分は 0
相手が 100

で処理して
もらいました

この点だけは
譲れません(._.)


ところで

保険絡みの
事後対応
については

全て
保険屋さんに任せる
つもりでしたが

後日

先方の運転者の方
(30代前後の男性だったとの記憶)
から

自宅に
電話が
ありました

実は

先方の素性(氏名等)を
全く覚えてないのですが

事故現場や電話口
での応答ぶり
を踏まえると

物静か

知的

まじめ

といった
印象の青年です

話を戻し

電話口で
用件を問うと

直接伺って
謝罪をしたい
とのこと

幸い
頭部に大事はなく
軽傷で済んでるし

いちいち対応するのが
うっとうしく
思えたので

気にする必要は全くないこと
お互いこういう事態のために
保険を掛けてるのだから
保険屋さんに任せれば
それで十分

などと
伝えたところ

律儀にも

でもこういう場合
菓子折りをもって
お邪魔するのが
普通じゃないですか

などと
こちらの予想とは
裏腹に

来訪に前向きな
姿勢を
示してきたので

お互いに
忙しい身なのだから
これ以上労を取らなくてもよい

気持ちだけ有難く
受け取っておく

などと付け加え

半ば無理やり
終わらせました

ず~と
くすぶってた

最初の
交通事故による
内心の
わだかまりが

今回の事故
において

運転者の方を
加害者の立場から
早期に
開放してあげた
ことで

ようやく
スッキリして

気持ちの
整理がついたかな

と感じてまーす(^^)

3 余談

やっぱり

交通事故
の中でも

死亡事故は

被害者側
にとっても

加害者側
にとっても

悲惨です

遺族にとって

それまで
普通に接していた
親愛なる身内が

突如
いなくなる
のですから

想像を絶する
ものがあります

一方

加害者側
においても

社会生活を送ってきた
一般人が

一気に
奈落の底に
沈みます

いずれにしても

こればっかりは

当事者になって
みないと

その心痛の
度合いを

リアルに
理解するのは

極めて困難
だと思ってます

自分も含め

いつ
被害者・加害者
の立場に陥っても

決して
おかしくありません

危機管理の観点

のみならず

自動車運転者として

法律上のルールであり

道義上のマナーともいえる

被害者救済の
最低ラインを
確保する

自賠責保険

には必ず加入する
ようにしましょう(-.-)

※投稿記事一覧にもどる


投稿者: toshi0227(トシ・オフ・フナ)

東京都世田谷区在住,妻子持ち,50代後半(令和3年1月1日現在)男性。法律職公務員。0型・蠍座・寅年。モットー「いまが一番!ここが一番!」「独見・我流」。趣味はテニス・ゴルフ・油絵等。定年退職が近づきつつあるため,社会との接点を確保して認知機能の低下を防ぎ,健康長寿・生涯現役を目指すべく,遅きに失した感はあるものの,思い切って「ユル・ヤワ」に「toshi.blog」を始めてみました。大海原を出航したばかりですが,よろしくお願いします。 ちなみに,ブログの公開表示名「toshi0227(トシ・オフ・フナ)」を「年 of 鮒」と覚えておけば,toshi0227で指名検索する際に便利です(^^)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。