【スキル・肝】人生の豊かさとの関係で「入」と「出」をどのくらい意識してますか

#寄り道#
本人:職場先輩
相手:同後輩

本人:遅刻とはめずらしいんじゃない?

相手:すいま(すみま)せーん
プールの泳ぎ疲れで睡魔(すいま)に負けちゃいました

本人:スイマーらしく夢に溺れましたネ

1 「入」あらば「出」あるのが通例

(いり)」があるなら


(で)」もある


と考えるのが普通で


物事の理(ことわり)
といえます



生き物の場合で
いえば


摂取(「入」)があれば


排泄・排尿といった
排出(「出」)もあるのが


通例

この点


例えば

口から摂取したモノは

肛門から排出されるのが

常態であるところ


イソギンチャクの場合


口の部分が

摂取のみならず

排出も兼ねてます


まーた

「出」との関係で
いうと


ゴキブリは


有害な尿酸を
体外に排出しません


つまーり

1億4000年の昔から


ゴキブリの体内に
棲みついてる細菌

ブラッタバクテリウム
(Blattabacterium)

において

尿酸等の老廃物を

生きるのに必要な分子に変換する
働きがあるのです



こうしてみると

一部

例外があるものの

生き物において


生命を維持するため

「入」と「出」

は必須といえます


2 人生の豊かさからみた「入」と「出」

飲食物の
摂取と排出が


生命(人生)の維持(持続)に
直結するのは


自明です





さてさて

少し脱線しますが



ヒトの体内における
余分なモノを

排出する機能との関係で

重要な役割を演じてるのが

腎臓(じんぞう)です



とりわけ

血管や細胞へのダメージに
つながり得る

リン

特に

食品添加物に含まれる
無機リンが

過剰摂取されて

体外への排出が不十分になると



老化スピードが早まったり


動脈硬化・心臓疾患等で命取りに
なったりします




な・の・で


リンの過剰摂取に留意し



臓に

必要以上の負担をかけない

のが
明です(;^ω^)




ですが

残念ながら


国民の8人に一人が

慢性腎臓病

とのコト



国民病といわれる
ゆえんです




そろそろ

話を戻しますネ



人生(生命)の持続(維持)に
直結しないけれども


人生を豊かにするのが


お金等の有形資産

知識・スキル等の無形資産

だったりします


この点を深掘りすると


有形・無形資産を

インプット・ストック

するコトで


安心

相対的な優越感

などが得られるのは
確かです



でーも!

この域で
満足してても


人生の豊かさ(充実度)
にとって


不十分なのは

多言を要しませんネ(^^)


人生をより充実させ

豊かにするには


ストックされた
資産を

アウトプット・フロー

したいところです


有形・無形を問わず


資産ですから


自身はもちろん


他者をも


利する効能があります


そして

各資産を


組み合わせ

掛け合わせる

コトで


相乗効果
生まれたりします


ですから

資産は


可能な限り


内外にわたって

循環させるのが

です



自他供に


利を享受し


豊かさを
育(はぐく)んでくれます


3 人生の豊かさの精髄

おそらく


通常なら


この辺で

打ち止め(タマ切れ)に
なるかもですが



なんのなんの!

こんな程度では

終わらせません


更に
掘り下げてみます


さきほど

資産のアウトプットにより


自他共に豊かになる


などと触れました


もちろん
そのとおりなのですが


この点に幸せの標準を
合わせていくと


自身の承認欲求と


他者による評価が


強固に
結びついてしまい

かえって

長い目で見ると


自身の首を締める
コトに

なりかねません


人生の豊かさ

ひいては

幸せの標準を


他者に依存させる
コトは


自身のコントロールが
及び得なかったりするため

愚策

と心得てます


目的達成のための
手段は


できるだけ


自身のコントロール下


手中に収めるのが


賢い選択


まだまだ

掘削(くっさく)の手を
緩めません



ここから


簡潔に

肝中の肝

精髄

に触れると


「出」を通じて


今生(こんじょう)での

自身の

存在意義

使命

を自覚し


少しずつでも


それを果たしてる


という
実感を得るコト


コレこそが

至福の喜びであり


自身の生きざまへの

納得


腹落ち


につながり得る
のであって


他者の評価・承認など

実は


本質(本懐)ではない


との心境に至るコトが


最終目標
の一つ

と心得てまーす
( ^)o(^ )


4 余談

話が変わり

いつものように
余談ですが


ウスバカゲロウの幼虫は


「アリジゴク」として
知られてます


アリジゴクは


肛門部分が

ほとんど
閉じてるため


3年間の幼虫期間

排泄しないと

考えられてましたが

2010年に

この通説を


小学生が覆したのは


有名なエピソードです



物事の
新たな展開は


得てして


専門家よりも


門外漢の
素人による


目線・感覚・気づきが

突破口になったり
するものです


自分以外の全てが


その道の

善知識(教師)

になり得る

と自戒し


しーっかりと

オープンマインド

で聞く耳を持つ
コトを

心掛けてまーす(._.)



※ホーム画面にもどる!

※投稿記事一覧にすすむ

投稿者: toshi0227(トシ・オウ・トウ・トウ・セブン)

東京都世田谷区にマイホーム、妻子持ち、シニア層男性。法律職公務員。0型・サソリ座・トラ年。モットー「いまが一番!ここが一番!」。スローガン「時空を超えろ!」。趣味はテニス・ゴルフ・油絵等。定年退職が近づきつつあるため、社会との接点を確保して認知機能の低下を防ぎ、健康長寿を目指すべく、遅きに失した感はあるものの、思い切って「ユル・ヤワ」に「T.H.BLOG」を始めてみました。大海原を航海中ですが、よろしくお願いします。 ブログの公開表示名「toshi0227」は「トシ・オウ・トウ・トウ・セブン」と読みまーす(^^) スタエフ(音声配信)・インスタもやってます(^<^)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。