【万(よろず)考・夢想三昧】「一寸先は闇」とわきまえるアナタ!もっと気をラクにしても大丈夫ですよ!!

#寄り道#
本人:職場先輩
相手:同後輩

本人:令和4年の正月が明けてしまった(「トラ」年スタート!)とはいえ
まだまだモチパワーは健在ですネ

相手:この店のお雑煮は美々なのでモチベーション爆上がりー!
モチもいいし

本人:モチのうま味でモチ切りですが
もちろんお店のお代はこちらモチです(^_-)

1 想定読者層

一般読者向けの記事では

基本的に

想定する読者層(ペルソナ設定)
に触れたりしないのですが




本稿では


あえて


想定読者層を

明らかにしておきたい

と思ってます(^^)





ところで




いつ人生最後の日になるか分からないのだから日々悔いなく過ごしなさい」旨


こういった内容をテーマとする



自己啓発系の


書籍

動画・ブログ・音声配信

が花盛り





少しさかのぼれば



スティーブ・ジョブズの


スタンフォード大学での

有名なスピーチの一節



もし今日が人生最後の日だとしたら今日やろうとすることが本当にやりたいことだろうか」旨を

30年間毎日


鏡に向かって語り続けた

とのコト



この反響力は

半端なく



意識高い系の

米国エリート群

に浸透し



合理主義に
一層拍車がかかって



ムダを排する
風潮が強まった


と推察します





現状


グローバル規模での

官・民・学間の競争であっても


ムダ・ムリ・ムラ


があると

勝負にならなかったり

するかもです




こんな大風呂敷の

大言壮語(たいげんそうご)的な

フェーズ(局面)でなくても




ごく普通に


例えば

大・中・小を問わず


企業経営者の方々においては



生き残りをかけて


スタッフに対し


一日一日が

雌雄(しゆう)を決する

いざ鎌倉

のココロ持ちを求め・・・


ハーイ ピンポーン!

令和4年大河ドラマを意識してまーす


すみません
話を戻します


経営者側はスタッフに対し



経営者と同じような
いわば同族的な

マインド

を求めがちかも





もちろん


それはそれで

アーリ


っていうか

経営上
至極真っ当

だと思ってます






別の角度からみると



伸(の)るか反(そ)るかの
大勝負


しかも

短期決戦の場合



戦力(気力・体力・能力等)を
集中するのがマスト


ムダを許す
余裕は毛頭ありません






前振りの趣旨で



一定の角度から

長々
触れてきましたが




ようやく

想定読者層についてです






本稿の場合


経営者マインドを体現し


トップギアで走り続ける



コトを要求されない



いわば
平時を前提とした上



長期的・大局的な視点での
戦略も許容するような
職場環境

を念頭に置きつつ

ごく普通の一般読者層

向けに話を進める
つもりでーす( ^)o(^ )

2 「一寸先は闇」

一寸先は闇
(いっすんさきはやみ)


まず

この意味を押さえておきます

将来は

ほんの少し
先の事象でも

何が起こるか

全く
分からない

コトのたとえ



この格言により


当然に明日があるとは思わない」コト


とのマインドが

帰結され得るし




1日当たりの時間単価が

高騰し


相手あっての
仕事(取引)では


先方の時間を奪わない
配慮(思いやり)が

大事になり



即対応(レスポンス)
を求められるのは

容易に
理解できますネ(^O^)

3 「一歩」の価値観から「ユル・ヤワ」思考へ


いつ人生最後の日になるか分からない

だから

一日一日・一時一時(いっとき)悔(く)いなくムダなく生きる




以上の内容(指針)に

もちろん
異存はありません







でーも!



四六時中

気を張ってると

ココロ・カラダ
が持ちません




かくいう自分も

実のところ

後記関連記事のとおり

社会人になってから

一定期間


一歩」の価値観

にこだわり(..)



その途上では


孤高のトラのような
生き方に憧(あこが)れ



宮本武蔵にも


強く影響を受けました





そして


時を経る中で

経験を重ね

悪(わる)知恵が付く(?)
につれて




遊び」「たるみ

があってもオッケー



前進一辺倒ではなく

後退も許容しようよ



ムダを重ね

遠回りしたって

いいじゃなーい



という

ユル・ヤワ

思考に

落ち着くのです(^.^)







むしろ


この局面では


もし明日

人生最後の日になってしまう
として


自身


この事態を

どう受けとめ

どう納得するのか



このマインドセットがポイント(肝)


と考えてます(^^)






それでは


お待たせしました



いよいよ

まとめです





自身を納得させるために

オツムを絞って考えた

理屈(思索)

は次のとおり

知的生命体(地球ならヒト)による
認知(観念)が

それぞれの

三世(過去・現在・未来)

を紡(つむ)いでつなぐ

契機になってる


宇宙万般(ばんぱん)の現象

つまり
諸事万端(しょじばんたん)は

知的生命体の認知(観念)によって

存在が意義付けられる


現世で積んだ

善根

は時空の何処(いずこ)かで

必ず

根付き

開花する





大詰めですが


以上の点を踏まえ



想定外に

人生最後の日

が訪れたとしても


善根を積む修練が

一旦
中断するだけ

であり




それまでの積み上げ分は


決して
ムダにならない



とアタマを
整理してまーす(●^o^●)



気がラクになった


でしょ!(?)

4 余談

経営者は



ホントーに

大変だと思います



ある意味

スタッフとその家族

を預かるわけですから



その重荷たるや

察するに余りあります





一方


時を経て

知識・経験を

積み重ねるに従い



身の程に合った

「ほどほど」

を知り


ココロの余裕・バランス感覚

を保つ

コトが大切

と説く


道家(どうか)思想の開祖

老子(ろうし)

の教えが


身に沁(し)みたりします(..)



老子思想は


ヒトにより

案外

好き嫌いが
はっきり出ます




物事を達観し

世俗と距離を置き



弟子を持っても

孔子のように群れない
そのスタンスが


「スキ」っていうファンも

一定数いますけど(^^)





脱線気味になってますが


当ブログを始めて丸1年になった
現在(令和4年1月初旬)


これまでを振り返りつつ


もう一度

トラ」タイプ

を直視してみようかなぁ

などと



自身の中で

古株・古参(トラ)が再浮上してる
かもでーす(..)



年男(おとこ)だし・・・(#^^#)

関連記事

【生活・心構え】棚卸し的に,心にとどめてきた座右の銘(モットー)を振り返ってみます。







※投稿記事一覧にもどる










投稿者: toshi0227(トシ・オウ・トウ・トウ・セブン)

東京都世田谷区在住、妻子持ち、シニア層男性。法律職公務員。0型・蠍座・寅年。モットー「いまが一番!ここが一番!」「独見・我流」。趣味はテニス・ゴルフ・油絵等。定年退職が近づきつつあるため、社会との接点を確保して認知機能の低下を防ぎ、健康長寿・生涯現役を目指すべく、遅きに失した感はあるものの、思い切って「ユル・ヤワ」に「T.H.BLOG」を始めてみました。大海原を出航したばかりですが、よろしくお願いします。 ちなみに、ブログの公開表示名「toshi0227」は「トシ・オウ・トウ・トウ・セブン」と読みまーす(^^)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。