【万(よろず)考・法律】いざ事故ったとき、ひき逃げ・あて逃げをしない自信はありますか。

#寄り道#
本人:職場先輩
相手:同後輩

相手:車畜化という言葉を知ってますか

本人:車社会に飼い慣らされて奴隷と化した運転者の状態のコトです

相手:御名答です
今後パラダイムシフト(従来の常識・価値観が劇的に変化するコト)によって車社会はどうなると思いますか

本人:車畜化に拍車がかかるか否かは脇におくとして
確実に言えるのは次世代自動車の普及により交通事故が減少するでしょうネ

1 ひき逃げ・あて逃げ

ひき逃げとは

人身事故の際に

道路交通法第72条(注1参照)所定の

「必要な措置」を講じることなく

事故現場から逃走する行為のコト



あて逃げとは

人の死傷を伴わない

物損事故の際に

「必要な措置」を講じずに

逃走する行為のコト



ここに「必要な措置」とは

救護義務


つまり

交通事故があつたとき

車両の運転者は

直ちに車両の運転を停止して

負傷者を救護し

道路における危険を防止するコト



そして

報告義務


つまり

運転者は

警察官が現場にいるときは当該警察官に

いないときは直ちに最寄りの警察署警察官に

当該交通事故が発生した日時・場所

死傷者の数及び負傷の程度

損壊(そんかい)した物及び損壊の程度等
を報告 するコト

を指します




さらに

ひき逃げの場合

救護義務・報告義務を


あて逃げの場合

報告義務を

尽くさなかったコトになります





しかも

救護義務違反のとき

10年以下の懲役又は100万円以下の罰金
(道交法117条2項)


報告義務違反のとき

3月以下の懲役又は5万円以下の罰金
(道交法119条1項10号)

でそれぞれ処罰されます

2 救護・報告義務の前提事情

交通事故といっても

車対車

人対車

であったり

車自体を凶器として用いる
故意犯(殺傷事件)も


なくはないですが



通常は

過失犯であることが圧倒的に多いです






また

ひき逃げ・あて逃げも

過失で交通事故が起こった際に

それに付随する形で生じたりします




つまり

たまたま偶然

不注意で交通事故を起こし



気持ちが

動転・驚愕(きょうがく)

するような

状況下において


自己保身の誘惑

「目撃者がいない」
などの悪魔の囁(ささや)き

に抗(こう)して


先に触れたような救護・報告義務を

果たさなければならないのです




正直

結構なハードルだと思ってます




もし

飲酒運転

無免許運転

だったら

「罪が重くなる」との恐怖にも

打ち勝つ必要があり

更に
ハードルが上がります




もっとも

法は運転者に不可能を
強いたりしません



どういう意味かといえば


救護・報告義務違反を問うには

運転者において

①事故を起こしたコト

②相手を負傷させたかもしれないコト


の認識が前提となります





そもそも



この程度の認識もない運転者に

前記義務を尽くすよう求めるのは


無理強いになるからです



特に問題となるのは


前記②の場面ですから

少し掘り下げてみます



例えば

赤信号表示を看過(かんか)して

交差点に進入した
自動車運転者において


青信号に従って

交差点に進入してきた
自転車と接触し



自動車運転者が


接触後

一旦停止して

車内ミラーで

自転車の様子をうかがった
ところ


接触地点で


自転車もろとも
倒れた相手が

自転車を立てつつ

再度乗ろうとしてたため


大丈夫だろうと判断して

そのまま走り去った

というケース
を想定した場合



結論からいうと

絶対

やっちゃー

ダメだってば!


となります(-ω-)/




けがなんかしてない

と思いたいのは



人の心情として

よーく分かりますが



接触した結果


相手が自転車もろとも

転倒しており




しかも

それを認識してる
のだから


素人判断で


勝手に
大丈夫とみて

走り去るのは

許されません( ˘ω˘ )




少なくとも


降車して

相手に対し

けがはないかどうか
を確認すべきです
注2要参照)



のみならず

相手が「大丈夫です」など
と答えたとしても

最低限

自身の素性(すじょう)を
相手に伝えるとともに

連絡先の情報提供をする


のが大人の対応

といえます



特に

相手が児童等の未成年者
にみえるようなときは

なおさらです(-.-)



ちなみに

先の事例
において

自動車運転者が

青信号に従い


自転車が

赤信号を無視して



それぞれ

交差点に進入した
ような場合


つまり

自動車運転者に

過失が認められない

場合であっても




救護義務が課される

という高等裁判所の
判断が出てます
(東京高等裁判所昭和44年12月17日判決)





どうでしたか



いざというとき

皆さんは

法が要求する義務を
果たす自信が

あ・り・ま・す・・・か

3 余談

突然

加害者の立場に
突き落とされて

きちんと
対処するのは


思ってるほど

容易ではありません




というか

かなり

しんどいと
覚悟すべきです




ですから

あらかじめ
心積もりをして

ジタバタしないよう

腹を決めておく
のです



もしそれでも
不安が残るなら


リスクマネジメント


の一環として


極力
自ら運転しない

これに限ります( ^)o(^ )





かく言う自分も

専(もっぱ)ら
ペーパードライバー!


妻に感謝でーす(^^)



注1
道路交通法72条1項前段)

「交通事故があつたときは,当該交通事故

に係る車両等の運転者その他の乗務員は,

直ちに車両等の運転を停止して,負傷者を

救護し,道路における危険を防止する等

必要な措置を講じなければならない。」



道路交通法72条1項後段)

「 この場合において,当該車両等の運転者

(運転者が死亡し,又は負傷したためやむを

得ないときは,その他の乗務員。)は,

警察官が現場にいるときは当該警察官に,

警察官か現場にいないときは直ちに最寄りの

警察署(派出所又は駐在所を含む。)の

警察官に当該交通事故が発生した日時及び

場所,当該交通事故における死傷者の数

及び負傷者の負傷の程度並びに損壊した物

及びその損壊の程度,当該交通事故に係る

車両等の積載物並びに当該交通事故

について講じた措置を報告しなければ

ならない。」



注2
最高裁判所昭和45年4月10日判決は

「運転者が,いわゆる人身事故を発生させた

ときは,直ちに車両の運転を停止し十分に

被害者の受傷の有無程度を確かめ,全く負傷

していないことが明らかであるとか,負傷が

軽微なため被害者が医師の診療を受けること

を拒絶したなどの場合を除き,少なくとも

被害者をして速やかに医師の診療を受け

させるなどの措置は講ずべき」


と判示してます





※ホーム画面にすすむ!

※投稿記事一覧にもどる

投稿者: toshi0227(トシ・オウ・トウ・トウ・セブン)

東京都世田谷区在住、妻子持ち、シニア層男性。法律職公務員。0型・蠍座・寅年。モットー「いまが一番!ここが一番!」「独見・我流」。趣味はテニス・ゴルフ・油絵等。定年退職が近づきつつあるため、社会との接点を確保して認知機能の低下を防ぎ、健康長寿・生涯現役を目指すべく、遅きに失した感はあるものの、思い切って「ユル・ヤワ」に「T.H.BLOG」を始めてみました。大海原を出航したばかりですが、よろしくお願いします。 ちなみに、ブログの公開表示名「toshi0227」は「トシ・オウ・トウ・トウ・セブン」と読みまーす(^^)

【万(よろず)考・法律】いざ事故ったとき、ひき逃げ・あて逃げをしない自信はありますか。」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。