【万(よろず)考・法律】自家用自動車内のボックスにナイフを、トランクにバットを入れて移動するのは、要注意ですからネ!

ナイフ

1 想定事例

まず


分かりやすくするため

具体的な事例を設定すると

自家用自動車の運転席で

仮眠をとってたところ




不審に思った警察官が


職務質問を始めたので


反抗的な態度をとると




今度は


所持品検査が始まりました





車内の助手席前ボックスには


ナイフが



後部トランクには

バットが



置かれてるとき




問題は生じるでしょうか


以下では


ナイフとバットの順に

触れることにします

2 ナイフとの関係

ナイフと言っても

種類はさまざま




そこで


サバイバルナイフ

折り畳みナイフ


に場合分けして

考えてみます




① サバイバルナイフの場合

刃体の長さが6cmを超えると

正当な理由がない限り

銃刀法違反(31条の18第3号・22条)が
問題となります(末尾【注】参照)




同条所定の「携帯」とは


直ちに使用し得る状態で

身辺に置けば足りるので



ボックス内に置くのも

これに当たるからです






そうすると


サバイバルナイフの携帯に

正当理由があるコトを

警察官に対し

説明する必要があります





例えば

仕事の関係で必要なコト

購入したばかりで間がないコト


などと合理的・説得的に

説明します






もし
護身用で保管しちゃってるなど

正当理由があるとはいえないとき


懲役2年以下又は罰金30万円以下
の処罰対象となります




②折り畳みナイフの場合

刃体の長さが6cm以下だと


銃刀法違反の対象とはなりませんが






今度は


前同様に

正当理由がない限り


軽犯罪法違反(1条2号)が
問題となります



ボックス内に保管すれば


要件上の
「隠して携帯」に当たるコトが

明らかだからです



ちなみに

折り畳みナイフを

アクセサリー感覚で


キーホルダーによって

ベルトにぶら下げた場合


「隠して」携帯した
には当たりません





正当理由との関係でいえば


例えば

「キャンプに行くため」
と説明する場合



他の関連道具類の有無

キャンプ場の予約状況


なども一緒に示すのが

望ましいです





正当理由がないときは

拘留(こうりゅう・1日以上30日未満)
又は
科料(かりょう・1000円以上1万円未満)

の処罰対象




ナイフのほかに

木刀(ぼくとう)やハサミも
要注意ですネ

3 バットとの関係

野球等で使うバットは


要件上の「刃物」に当たらないのが
明らかなので


銃刀法違反は問題になりません







あとは



前同様に

軽犯罪法違反の問題が残るだけ



これに関連して

気になる点に触れておくと




トランク入りのバットを

実際に使用するには



運転席から一旦降車して

後部に回る必要がありますが



この場合にも

「直ちに使用し得る状態」に置いた



つまり

「携帯」に当たります






それから


バットが助手席に

堂々と
立てかけられてたときは


「隠して携帯した」に当たらない

とみるのが通常です







さらに


正当理由との関連でみると



護身用目的が許容されないのは

既に触れたとおりですが





野球の練習試合に選手参加するため

会場グランドに向かう途中のときは



他にグローブ・ユニホーム等があると

「潔白」を容易に分かってもらえます





素振りをするつもりで

河川敷に向かう途中のときは



軽い気持ちで

トランクに入れがち



でーも!

無用の誤解を避けるため


先にみたように

堂々と持ち運びましょう(^_-)

4 共通問題

これまで


場合分けをするなどして

具体的にみてきましたが




ここで

全てに共通する問題
に触れておきます








行為者に対し

以上の携帯罪に係る責任を
問うためには


行為者において

「対象物を携帯した」点の認識が

必要となります




例えば

ボックス内にあったナイフの例
でいえば



ボックスにナイフを入れたのは


自分自身だが

ナイフの点は失念してた





ボックスにナイフを入れたのは


自分以外のヒトなので

ナイフは見覚えがない

など




この場合に重要となるのは


所持品検査の際の

警察官と行為者のやり取り




つまり

警察官から

「違法なモノ・危険なモノがあれば自己申告してください」
などと告げられた際



行為者において


特に迷うコトなく

ボックスから

ナイフを取り出したりすれば



行為者の前記言い分は疑わしい

というコトになります(-ω-)/

5 余談

たまーに


ニュースになったりしますが





日本刀を自宅・別荘に保管した場合


銃刀法違反(2条2項・3条)が
問題となります





要件上


許可(日本刀のとき登録証)がない限り

「所持」に当たるからです







ついでに



模造刀の「携帯」も



銃刀法違反(22条の4・35条2号)が
問題化します




携帯に
正当理由がないときは


20万円以下の罰金
の処罰対象




マニア同士で

見せびらかしたくなるのは


分からなくありませんが




外に持ち出すと



携帯罪が浮上するので

控えるのが吉( ˘ω˘ )



【注】法律の正式名は「銃砲刀剣類所持等取締法」です







※投稿記事一覧にもどる

投稿者: toshi0227(トシ・オウ・トウ・トウ・セブン)

東京都世田谷区在住、妻子持ち、シニア層男性。法律職公務員。0型・蠍座・寅年。モットー「いまが一番!ここが一番!」「独見・我流」。趣味はテニス・ゴルフ・油絵等。定年退職が近づきつつあるため、社会との接点を確保して認知機能の低下を防ぎ、健康長寿・生涯現役を目指すべく、遅きに失した感はあるものの、思い切って「ユル・ヤワ」に「T.H.BLOG」を始めてみました。大海原を出航したばかりですが、よろしくお願いします。 ちなみに、ブログの公開表示名「toshi0227」は「トシ・オウ・トウ・トウ・セブン」と読みまーす(^^)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。