【万考・法律】AI(人工知能)が生成したイラストって著作物として保護されますか

1 前振り

巷(ちまた)に溢(あふ)れてる
音楽や書き物のほとんどが


将来的には


AIが生成したモノ(AI生成物)
に取って代わり



ヒトの創作したモノは


伝統芸能


の世界になるかも
(@_@)


2 イラストの著作物性

著作権法は


著作物


思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するモノをいう


と定義してます(同法2条1項1号)





そして



イラストは


通常

著作物に当たります

「思想又は感情を創作的に表現したモノ」
だからです




ここまでは


皆さん

いいですよネ


3 AI生成物の著作物性

それでは


いよいよ

本稿の主要テーマに入ります





ヒトではなく

AIが生成したイラストは

前記同様に

著作物性が認められる
のでしょうか

という問題意識です





この点


例えば

ヒトが高性能のデジタルカメラで

オートマティック(自動的)に

写真を撮った場合



その写真が

そのヒトの著作物であるコトに

異論はありません





ヒトとの関係で

カメラは「創作的に表現」するための


道具

にすぎないからです





言い換えると



成果物である写真には


撮影対象

シャッターチャンス

アングル

等の選別を通じて



ヒトの創作性(個性)が
表現されてる

と評価できるのです





ところで


AIがイラストを生成する場合

次のような
ヒトの関与を想定できます


①開発者


AIを開発したヒト


②能力付与者


多数のデータを基に
学習用プログラムを作成し

AIにイラスト生成能力を付与したヒト



なーお

学習用プログラム自体には

著作物性を肯定できます


著作権法自体が「プログラム」を

例示列挙してるからです
(同法10条1項9号)


③指令者


当該AIを購入し

指令を与えて

お目当てのイラストを
生成させたヒト






以上のうち



生成されたイラストとの関係で


開発者や能力付与者
については



基本的に

その創造性が表現されてる
とは

み・な・い

のが普通





先に触れた
カメラで撮影した写真に対し

メーカー(製造)側の
創造性が表現された

とは考えない

のと同様です





もっとも


学習用プログラム・データが

生成されたイラストに

そのまま流用された

ような場合には



能力付与者の創造性が
表現されてるかどうか

などの検討を

別途要します





それでは


指令者との関係では

どうでしょうか




指令者において

詳細なデータをAIに入力して
生成させたようなときは


創作性を肯定できますが




そうではなく


簡略なあらすじ(アイデア)を入力した
にすぎないようなときは


創作性に疑義が残ります





この辺りになると


実のところ

立証の問題にも
かかわってきます



すなわーち

自身の権利を主張する側

本稿でいえば


イラストの著作権を欲する
ヒトにおいて



詳細なデータを入力するなどして

AIに指令した点を


証明する必要があるのが


本則


となります





もちろん


深層学習(ディープ・ラーニング)

が進化し


ヒトの指令から自律して

イラストが生成される
ようなときは


ヒトの創作的関与を認め難いので


著作物性が否定される

公算大です(‘;’)


4 余談

著作権法は


ヒトの創作を保護して

それを活性化させ

文化・社会を豊かにする



のが目的





この目的との関係
でいえば


ヒトの創作でないモノを
保護しても

その目的に寄与・貢献しないのが
通例といえるため


AI生成物への風当たりが強くなる
との見方も可能です





世界的にみても



AIが自律的に
生成したモノにつき


イギリスは

著作物性を公認してますが



イギリス以外の諸外国では

こぞって
否定的な姿勢

なのが現実です(-.-)





もっとも

最近になって


本当にそれでいいのか

との問題意識が台頭しており



WIPO(世界知的所有権機関)でも

議論が始まってます(^^)




なおなお

産業の発展を目的に据(す)える
特許権との関係でみれば



当初は

ソフトウェア・ビジネスモデルに対し

「自然法則の利用」
(「発明」はこの利用を構成要素とします)
ではないとして

否定的だったのに




最終的には


このままでは

この業界・産業の発展が見込めない
として

ソフトウェア・ビジネスモデルを

「発明」に当たるとした上で


特許を容認したのと同様に




産業発展のために有用なら



AI生成物を

「発明」として許容する

余地があるかもでーす( ^)o(^ )


5 追記

下書きを終えて

結構
経ってるんですけど


久々に
読み直してみると


ホント
法律関連の文章って

ロジックが生命線
とはいえ



「生みの親」のくせに


なんで
こんなにつまんないの

もっと
工夫できるでしょう


などと感じてしまい


半ば
あきらめの気持ちで


字面(じづら)を

目で追ってました(..)





※ホーム画面にもどる!

※投稿記事一覧にすすむ!

投稿者: toshi0227(トシ・オウ・トウ・トウ・セブン)

都内マイホーム、妻子持ち、シニア層男性。法律職公務員。0型・サソリ座・トラ年。モットー「いまが一番!ここが一番!」。スローガン「時空を超えろ!」。趣味はテニス・ゴルフ・油絵等。定年退職が近づきつつあるため、社会との接点を確保して認知機能の低下を防ぎ、健康長寿を目指すべく、遅きに失した感はあるものの、思い切って「ユル・ヤワ」に「T.H.BLOG」を始めてみました。大海原を航海中ですが、よろしくお願いします。 ブログの公開表示名「toshi0227」は「トシ・オウ・トウ・トウ・セブン」と読みまーす(^^) スタエフ(音声配信)・インスタもやってます(^<^)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。