【マインド・戦略】「宙ぶらりん」の状態は有力な選択肢の一つですからネ

「宙ぶらりん」一般

「宙ぶらりん」とは

ぶらさがってるコト



転じて


中途半端な状態


を意味します




一般的にみて

何事においても

宙ぶらりんのまま
っていうのは

嫌なモノだし

避けたいですよネ



重要事項であれば
あるほど

中途半端なままだと


気持ち悪いし

気をもんだりして

落ち着かないのは

間違いないです



なので

精神衛生上

さっさと
やり遂げるのが


以上が王道なのは

いうまでもありません




ただたーだ

いつも
内容・事柄を確定できる

とは限りません



中には

不確定のままで
継続する

凌(しの)がざるを得ない

コトも
ままあるのです
(。-_-。)



例えば

投資家の場合


いちいち

値動きに

気持ちが
左右されてるようだと

向いてないかも(..)




繰り返しを厭(いと)わず

もうちょっと
いいですか


中途半端で不確定な状態
に甘んじるって

敬遠されるし

弱みと捉えられがち
ですけど


視座をずらせば

胆力(たんりょく)を養えるなど

強みにもなり得ます



すぐに

結果・成果を求め

劣勢を挽回したがるのが

ヒトの常




でーも

だからこそ


肉を切らせておいて

(成果には代償がつきモノですから)

最後に

骨を断(た)つマインドが
保たれると


心強い
武器になる

と心得てます
(´-ω-`)


因果律・量子論との関係

ここまでは

宙ぶらりんの点に
スポットを当てながら

一般的な話をしてきました




さーて

この先は

少しマニアックな話を
させてください



過去記事において

果報につながる善根が

何処(いずこ)かの国土・宇宙に
刻み込まれる

旨触れてますけど


現時点(令和4年12月)でも

その考え方が
選択肢の一つになるのは

変わってません



たーだ

だからといって


例えば

クリエイター(プログラマー)
を通じ

ゲームソフトに

必要な情報が

全て書き込まれる

ような場面を

想定するモノでは
ありません(..)



この点は部分なので

更に
掘り下げると


万物は

ヒトの観測(意的部分)によって
確定し


その意的部分が

自称「大いなるモノ」と

瞬時に
通じ(観念し)合って

因果の萌芽が

ヒト(知的生命体)の
「生命」自体に附帯する

と捉えてます
(・.・;)





後記関連記事でも
前振りしてますけど

ここでいう
「モノ」は


いわゆる
「物」ではなく


かといって

「存在」なのかといえば
そうともいいきれず


どちらかというと

「状態」に近いイメージかも





ともあれ

当の生命を宿してる
「大いなるモノ」が

有形的に

特定の地点・空間に

常在するのか


波動関数的に


浮遊・蔓延してるのか


はたまた

無形的に


身近で

寄り添ってるのか


などなど

いずれに当たるか

ハッキリせず


まさに

宙ぶらりんの状態
なのです



てか

核心部分は

骨太の仕組みにある
といえます




敷衍(ふえん)すると

「大いなるモノ」において

万物を全て支配し決定付ける
のではなく


基本的スタンスは

個(知的生命)の観念を
尊重すべく

それぞれの因果律に
任せながら


節目において

直接
因果律を差配(さはい)する


といった点にあり

コレをベースに
仕組み化されている

と捉えており




一定の箇所に
全てを記録させる考え方


例えば

ホログラムの仕組み
を応用しつつ

記録を

オールインワン的に
投影(活用)するのは

存在するモノが

全て

無機質的に記録(コード化)された
量子力学的ホログラムから生じる

投影(映像)にすぎない
コトになってしまい


なーんか

唯物(記録)論的じゃなーい


と揶揄(やゆ)されかねないかも



のみならず

このままだと

意的要素を
生かし(観念し)にくいなど


違和感

爆上がり!



もーし

その考え方を尊重して

記録化に踏みきるなら


記録等の作業場(貯蔵庫)と司令塔を
一緒くたにするよりも

仕分けするほうが

スッキリしていいかも




ここでは

記録化の話を
この程度にとどめ


続きは

次項で

改めて
触れるコトにします





ともあれ

」が報われて

」が開花するような

成果」が

きちんと
」につながる

とのシステムに注力すれば
十分であって


ある程度
曖昧(宙ぶらりん)さが残っても



最後は

戦略的にみて


シンプルに勝るモノなし


と自認してまーす
( ^ω^ )


ビッグバン・マルチバースとの関係

ビッグバン(インフレーション理論)は

チョー
ザックリといえば

ある空間(真空)の零点(ゼロポイント)
において

当宇宙の創成の契機となる
ビッグバン(火の玉)が起こった


というモノですけど



零点に

当宇宙の創成上必要な

エネルギー

が圧縮されていたのは

当然の前提



問題は

当宇宙に係るシナリオ(創成~終焉)も
全て記録化されていたかどうかです



考えるに

当宇宙に関する
全てが

事前に
記録済みだとすれば


途中の改変作業は必要ない
ばかりか

むしろ
背理のおそれさえあります




のみならず

多次元論を前提とする
マルチバース理論に従うと

当宇宙(ユニバース)に係る
零点において

そもそも
全て(全宇宙)の記録化が可能なのか

などと

どうしても
疑義が残ります




なら

多次元論に立脚した上

多次元中の
何処かの零点で記録化される

とみた場合


その零点において

エネルギーバランスを崩す

(ビッグバンを誘発する)

量子ゆらぎ」が

たまたま
生じたとしても


記録化の点まで

「偶然」によって

説明がつくのか



加えて

再度ここでも

事前に

全てを
記録し尽くせるのか

との疑問が生じるのです
(-ω-)/




すみません

もう一押し
させてください(..)




零点を
記録貯蔵庫のように捉えたとき


現実世界の個(ヒト)による営み
との関係では


貯蔵される記録と

個(ヒト)の意的部分との

相互間の交信が
前提になるところ


貯蔵庫側にも

その交信を可能とする
意的要素の存在を

認めざるを得ないはず




そこで
この視座を踏まえて


零点を

記録貯蔵庫かつ司令塔のように
考えた場合



全宇宙のありようを

事前に記録化する

クリエイター的な側面が

必須となるにもかかわらず


コレを

偶然の事情にすぎない
と捉えるのは

明らかに
ムリがあるほか



もーし

貯蔵されたモノを

記録化にとどまらず

観念(意識)化させた上


コレを固定せず

個(ヒト)の意的部分に応じて

必要な範囲で
事後の改変を許すならば


「大いなるモノ」と大差がない

コトに
なりそうです
“(-“”-)”



もともと

司令塔(「大いなるモノ」)って


無始無終のようなモノ


であって


そもそも


記録化になんか

なじまなーい!


じゃない?



記録中に

無始無終の点も
明記されているなら

何とか

ナットク感
保てますけど・・・





まーだ
あります

あらかじめ規律しない

(枠をはめない)

司令塔を認めるならば


記録化には
意味がなくなるほか


せっかく

意的部分を生かそうと
舵をきるのに


」を背景としない

(ようにみえる)

仕組み作りは


違和感を通り越して

愚策とのそしりを免れない

と捉えてます
_(._.)_




所詮
仮説なのだから

できるだけ
明解に示すのも

悪くないですけど


あえて
み込むコトで


ヤブヘビ


になって


自身の
クビを絞めても

んだり蹴ったり

ですからネ(‘ω’)




以上みてきたとおり

にまで
話が及んでしまいましたが



なんだかんだいって

結局

ぶらりん

に落ち着きました
(●^o^●)


余談

さてさて

余談ですから

線を変えてみます




真理を追究する過程に
すると(^^;)


ヒトそれぞれ
バックボーンが違っても

大概(たいがい)
似てくるものです


」に肉薄してくるほど

その傾向が顕著になる

と心得てます
“(-“”-)”




とはいっても

ビジネスや営利目的が
絡(から)んでくると

すこーし
厄介(やっかい)ですけど・・・
(-.-)




なおなお

ビッグバン・マルチバース
に関する

下書き保存中の関連記事は
次のとおり

(仮題)【万考・科学モドキ】宇宙(ユニバース)の終焉に際し、生命に伴う「因果」まで断絶すると考えるかどうかは、ヒトそれぞれですネ!


追記

実のところ

本稿は

早くても

半年くらい先の投稿を
見込んでました



なのに

どうして投稿を前倒ししたのか
っていうと


本論で触れた
「大いなるモノ」を中核とし

コレに関連する
ビッグバン・マルチバース等

の内容が

全て

限定特化記事に分類されてる
関係上


この関連記事が
日の目を見るのは

かなーり
先になる見通しとなるため


むしろ

基本的な考え方を
先出しして

段階的に

補足説明を加えていくのが
無難かも

と思い直した
からです(^-^)




なーお

念のため
言っときますけど


陰徳を積まないと

幸せになれない(果報につながらない)
のかなぁ

などと

気落ちする必要は

全く
ありません




本論で触れた
仕組み化の話は

全宇宙規模的なシステム論
となる一方


個(ヒト)が現に
幸せになれるのかどうかは

個における諸事象の受けとめ方
の話であって


「次元」を異にする
からです(;^ω^)



モチ(ろん)!

「次元」の点は

後記の記事タイトルを
意識してまーす(^_-)





というコトで

最後に

宣伝をさせてください


翌2月23日(木)夜に

下欄のタイトルで
限定特化記事を投稿予定です

【万考・科学モドキ】素粒子物理学でいう「11次元」をマクロ宇宙論っぽく独見的に語ってみまーす!



その界隈(かいわい)では
トレンディで注目株の

パラレルワールド

に関する
次元的な観点からの位置付けが

明らかになるはず(‘_’)



超ユニークな切り口となっており

一読の価値絶大と自負します
( ^)o(^ )




ただたーだ

座標点を駆使するなどの内容面を
踏まえると


この分野に興味関心のある猛者(もさ)には
オススメですが

理系アレルギーの方には
「ちょっと」かも・・・

<(_ _)>


関連記事

【万考・夢想三昧】劣勢を一気に逆転できるコトって、スポーツの世界に限らず、生きざまにもあっていいよネ!



※ホーム画面にもどる!

投稿者: toshi0227(トシ・オウ・トウ・トウ・セブン)

都内マイホーム、妻子持ち、シニア層男性。法律職公務員。0型・サソリ座・トラ年。モットー「いまが一番!ここが一番!」。スローガン「時空を超えろ!」。趣味はテニス・ゴルフ・油絵等。定年退職が近づきつつあるため、社会との接点を確保して認知機能の低下を防ぎ、健康長寿を目指すべく、遅きに失した感はあるものの、思い切って「ユル・ヤワ」に「T.H.BLOG」を始めてみました。大海原を航海中ですが、よろしくお願いします。 ブログの公開表示名「toshi0227」は「トシ・オウ・トウ・トウ・セブン」と読みまーす(^^) スタエフ(音声配信)・インスタもやってます(^<^)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。