【人間考・将の将】プロローグ:「将に将たる」要素を,自己チューに選別した人物にスポットを当てながら,「独見(どっけん)・我流」の視点で語っていきます。

1 想定読者  一応,万人向けに書いたつもりです。  つまり,教養を身に付ける一助として読んでもらえば,決して時間の無駄にはならないと考えてます。  その上で,あえて(無理やり)読者層を想定すると,次のようになります(^続きを読む “【人間考・将の将】プロローグ:「将に将たる」要素を,自己チューに選別した人物にスポットを当てながら,「独見(どっけん)・我流」の視点で語っていきます。”